社会

危険ドラッグ「ハートショット」の戦慄殺傷能力(2)脈が波打ち鼓動が速まり…

20141120hh

 大きなハートを天使が弓矢で射抜くイラストが描かれたパッケージが特徴のハートショット。オリジナルは昨年10月頃から出回り始め、厚労省が指定薬物や麻薬に指定した。しかし、今年になって成分を変えた新商品「ブラック」と「レッド」の2種類が販売されている。薬物事情に詳しいライターの南木綾二氏が語る。

「ハートショットの値段は、5000円前後。販売店やネットで簡単に購入することができます。煙を吸い込むと『多幸感』が体中に広がり、快楽に包まれるような感覚になります。一方で脈が強く波打ち、心臓の鼓動が速まる感じになり、危ない新種として広まっていきました。命の危険性があるので処分した販売店もあるそうです」

 大麻や覚醒剤などの代替の薬物として、日本では95年頃より「合法ドラッグ」が販売された。00年には「脱法ドラッグ」と呼ばれて全国に蔓延。7月から「危険ドラッグ」と名称を変えている。現在では粗悪品が増えてきたと「裏ビジネスのカラクリ」の著者でジャーナリストの丸山佑介氏は指摘する。

「規制のたびに世代が更新され、ハートショットは『第16世代』に当たります。『合法ドラッグ』と呼ばれた初期の頃は薬学やネット知識、海外で薬品を購入するため語学に優れた人が作っていました。第12世代ぐらいで『脱法ハーブ』としてブームになると、作り方は知っているが、気分が悪くなる粗悪なドラッグが出回るようになった」

 プロをまねたセミプロの作り手が増えたことで、使用者が死ぬ可能性が一段と高まったのだ。それが「16世代」の危険ドラッグだという。

「薬学の知識のある人が1人いれば、簡単に作れてしまう。あまり知られていませんが、しっかりとした施設を必要としないアナログな作り方で生産できます。作業は葉にしぼり汁をかけて、混ぜて、軽く干して袋詰めする程度。2~3人いれば生産できてしまうのです」(丸山氏)

 製造場所もマンションの一室で十分だという。最近、作り手の中には、ある職種の人が目立つようになったという。

「本業だけでは稼ぎが少ないので、薬剤師が副業として危険ドラッグを作っています。始めてからわずか1カ月で、本業より稼げた人もいると聞きました」(南木氏)

 国は法整備に力を入れているが、規制に効果はあるのか。

「マリファナや覚醒剤は違法であり、何年も取締りをしていますが、いまだに撲滅できていません。規制されたことで終わりではなく、薬物取締りのスタートについただけ。今までの薬物取締りの日本の現状を見れば、この先も結局そんなに変わらないでしょう。危険であるという啓蒙活動とは裏腹に、ドラッグに興味を持ち、使用する者も後を絶ちません」(丸山氏)

 文字どおり危険極まりないドラッグを根絶やしにする方法はないものか‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”