芸能

マシンガンズ「仕事があるってこんなに落ち着く」/テリー伊藤対談(1)

 結成16年以上のコンビを対象に争われた漫才トーナメント「THE SECOND」(フジテレビ系)で準優勝し、再び注目を集めるマシンガンズ。日々の不満をまくしたてるスタイルの漫才には天才テリーも「最高」と太鼓判だ。2人の悩みも一発回答し、弟子入り宣言も飛び出した!

テリー 再ブレイクおめでとう! 最近よくテレビで見るね。

西堀 いやいや、再ブレイクなんて。全然ですよ。

滝沢 僕ら、「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)とかの頃に、テレビに少し出させていただきましたけど、その後15年ぐらいずっと潜ってますんで。

西堀 やっと地上に出られたというか。

テリー 準優勝した「THE SECOND」の出場資格は、結成16年以上でしたっけ。

西堀 そうです。我々は今26年目で。テリー あれって何組出たの?

滝沢 133組です。16年以上になると、そのぐらいしかいないんですよね。

西堀 すごくないですか。あんまり売れないまま16年以上芸人を続けてる人間が250人以上いるんですよ。コンビだと倍ですから。

テリー 16年以上ってことは「M-1グランプリ」が結成15年以内だから、その出場資格がなくなった人たちってことだよね。

滝沢 そうなんですよ。だから、なかなか大変な大会でした。

西堀 15年目って去年までM-1を目指してたんですよ。それで出場資格がなくなったから、「THE SECOND」に移ってきてるんです。

テリー ということは現役感がある。

滝沢 ありますね。去年までM-1でチャンピオンを目指してた人たちですから。

西堀 もっと俺たちみたいな現役感のないコンビの大会かと思ってたら、意外とそうじゃなくて、みんなバリバリでしたね。

テリー だからこそ、その中での準優勝って価値があるよね。

滝沢 うれしかったですね。

テリー 家族も喜んでくれたでしょう。

滝沢 僕は小学5年生の子供がいるんですけど、最初子供にいいところを見せられたと思ったんですよ。もう11年間ゴミ清掃員をやってるんで、僕のことをあんまり漫才師だと思ってないんですね。でも、準優勝だったんで、最初のうちは「優勝するって言ったじゃないか」って口きいてくれなかったです。で、優勝したギャロップのことが嫌いになってました(笑)。

西堀 僕は子供がいなくて、奥さんと2人で暮らしてるんですけど、まさかお金を稼ぐ人になると思ってなかったらしくて、「大金星だね」って言われました。

テリー そうか、よかったなぁ。仕事もかなり増えた?

西浦 やっぱり仕事があるっていいですね。毎日、最高に楽しいです。

滝沢 今までずっとゼロでしたから。

西堀 明日の予定があるって、こんなに落ち着くんだなと。だって、やることがないから「明日の1日をどう消化しようか」っていつも思ってたんですよ。でも今は、勝手に仕事が入るじゃないですか。「ああ、生きてみるもんだな」と思いましたね。

ゲスト:マシンガンズ 滝沢秀一(たきざわ・しゅういち)1976年、東京都生まれ。西堀亮(にしほり・りょう)1974年、北海道生まれ。池袋のカルチャースクールで出会った2人が意気投合し、1998年にコンビ結成。「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)などに出演し、人気に。2007年から2年連続で「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)準決勝進出。今年5月、「THE SE COND ~漫才トーナメント~」(フジ系)で準優勝し、再び注目を集める。滝沢は「このゴミは収集できません」(角川文庫)ほか著書多数。西堀の初の著書「芸人という病」(双葉社)が発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」