スポーツ

「本塁打の魅力に取り憑かれた」阪神・北條史也「戦力外」転落理由を高木豊がズバリ!

 先ごろ、阪神の高山俊外野手と北條史也内野手が戦力外通告を受けた。今季は一度も1軍出場機会はなく予想されていたこととはいえ、人気のある2選手だっただけにSNS上でもファンのショックの声が集まっていた。

「北條は光星学院の主砲として2012年夏の甲子園で活躍。同年ドラフト2位で入団し、1位の藤浪晋太郎投手と甲子園を沸かせた2大スターとして将来を嘱望されていました。一方の高山は明治大から15年度ドラフト1位で入団し、16年に新人王を獲得。しかし2年目以降、出場機会が減少していたんです」(スポーツライター)

 そんな2選手について野球解説者の高木豊氏が、自身のYouTubeチャンネルで語っている。まず北條については、

「自分がどれで生きていくというスタンスが取れなかったのかなという感じがする。例えば高校のときガンガンホームラン打っても、プロに入ったら北條の体では相当厳しい。じゃあアベレージを残すかというとホームランの魅力というのに取り憑かれていた部分もあるし、小技がうまいかというと高校のときはスーパースターだから、そんなこと考えない」

 そうした中、例えば小技を身につけるなどの視点について「ちょっと合わなかったのかな」という表現をした。

 一方の高山については岡田彰布監督が2軍の試合をチェックしている時に「目に止まるようなことがなかった」と指摘。

「近本(光司)、中野(拓夢)みたいに完全にアベレージヒッターとして育てようとされた人間ではないから。ある程度、長打も打ててみたいな。そこらへんで苦しんだ部分もあるし」

 と語っていた。

 とはいえ高木氏曰く「戦力外になるとは思っていなかった」としていた2選手。どちらもまだやれそうなだけに、別のユニフォームで頑張ってほしい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化