社会

【超常現象】墓所を開けるたびに棺桶が移動!カリブ海最大の恐怖「バルバドスの未解明ミステリー」

 南米エクアドルで葬儀中、棺が「ガタガタ」と音を立てていることに親族が気が付き、棺の中で息をしている女性を発見。棺の中にいた76歳の女性は数日前、入院先で心肺停止で死亡宣告され、葬儀の最中に蘇生したようだった。この騒動は今年6月に、地元で大きなニュースとして報じられた。

 昔から葬儀中に死者が目を覚ます、という事例は世界各地で報告されているが、遺体の入った棺そのものが移動したとして、200年以上経った今も謎に包まれた事件がある。それが19世紀初め、カリブ海に浮かぶバルバドス島で起こった伝説の怪奇現象「バルバドスの動く棺桶」である。

 舞台となったのは、キリスト教教会墓地にある、チェイス家が管理する地下墓所。1812年7月、そこに10歳になる少女の遺体が棺に入れられ、運ばれてきた。封印するセメントを削り、重い大理石の戸を開けると、既に安置されていた2つの棺の場所が移動していたというのである。海外の怪奇現象を調査するオカルト研究家が言う。

「ただ、その時に立ち会った人々は皆、誰かの悪戯だとして、棺を元の場所に戻したそうなんです」

 さらに1カ月後、男性が棺に入れられて運ばれ、前回と同様にセメントで封印。4年後の1816年9月に、生後11カ月で亡くなった赤ちゃんの棺が墓所に入ることになった。ところが開けてみると、なんと4つの棺が全て、ひっくり返されていたというのだ。

「この2カ月後には、仮埋葬されていた男性の遺体が運ばれてきたのですが、その時も墓所の戸を開けると、全ての棺が移動している。墓所内部を調べても何の異常も見られず、セメントで固められた戸の封印も壊されていなかったことから、『動く棺桶』として大騒ぎになったのです」(前出・オカルト研究家)

 以降、この不思議な現象は「バルバドスの未解明ミステリー」として国内外にも知られるようになり、真相を解明するため、多くの調査が行われた。仮説も立てられたというが、

「雨水の浸水により、地下墓地に溜まった水で棺が浮いたのではないか、あるいは地震の揺れにより棺が移動したのではないか、というものもありました。しかし雨水で重い鉛製の棺が水に浮くとは考えづらく、地震の報告もない。周りに撒いていた砂に異常がないことから、200年以上の時が流れた現在も、全く真相はわかっていません」(前出・オカルト研究家)

 まさに謎だらけの怪奇現象なのである。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!