社会

メロメロの溺愛ぶりが…妹の要請で戦をやめた前代未聞の「シスコン戦国大名」

 妹を溺愛した、希代のシスコン戦国大名がいる。天文15年(1546年)年の元日に出羽(今の山形県)で生まれた最上義光(もがみよしあき)だ。

 戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍し、出羽山形藩57万石の初代藩主になった義光は、幼少期から体格がよく、身長は約180センチ以上もあったという。当時、男性の平均身長は160センチ弱で、まさに巨人だ。当然、力も強く、武勇に優れていた。

 永禄4年(1561年)、16歳の時に父の供で高湯温泉(現・蔵王温泉)へ湯治に行った際のこと。鹿狩りの後、眠りについていたところ、盗賊数十人に襲われた。義光は先頭に立って戦い、顔に複数の刀傷を受けながら、2人に重傷を負わせ、1人と組み合って刺殺したという。

 2歳下の妹・義姫(よしひめ)への溺愛はある意味、常軌を逸していた。義姫はのちに伊達輝宗に嫁いで政宗を生んだことで知られる人物だ。その妹とマメに手紙のやりとりをし、ラブレターのようなものを何通も送っている。

 妹にメロメロだったことを示すエピソードがある。天正16年(1588年)に起きた大崎合戦でのことだ。伊達政宗が1万人の軍勢で義兄の大崎義隆を攻撃すると、政宗と敵対していた義光は援軍5000人を派遣した。戦いは義光・義隆連合軍が完全に有利だったが、義姫が両軍の間に自分が乗った駕籠を置かせて停戦を懇願したため、義光は和睦を屈辱と感じながらも、これに応じている。妹の願いで戦国武将が戦を止めるなど、前代未聞だろう。また、義姫と政宗との親子仲が悪くなった際には、義光がその身元を引き受けて、面倒をみている。

 義光は無類の鮭好きゆえ、鮭様とも呼ばれていた。越後の上杉氏との戦いで、鮭の産地として有名な庄内平野を手入れた際には「鮭が食べられる」と手紙に書いているほどだ。また、徳川家康などには、庄内平野の川で捕獲した鮭を塩漬けにしたものを、贈答品として贈っている。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】