芸能

佐々木萌香「ストッキングは穿かないです」/テリー伊藤対談(4)

テリー レースクイーンでデビューして、グラビアを始めて、バラエティー番組に出ることもあるよね。どの仕事がいちばん楽しい?

佐々木 やっぱりレースクイーンですかね。面白いですよ。

テリー この前は「コロナでレースの仕事がなくなっちゃって」って言ってたじゃない。最近は?

佐々木 もうレースは普通に今までどおり開催されていて、お客さんとレースクイーンが触れ合えるようなイベントもいっぱいありますね。コロナ前は私、レースクイーンのお仕事が中心だったので、久しぶりにこういう景色が見られてうれしいなって、張り切ってます。

テリー そうか、いいねぇ。でもさ、レースクイーンって寒そうだよな。

佐々木 メチャクチャ寒いです!

テリー そうだよね。俺もこの前、富士スピードウェイに行ったんだけど、あそこ吹きさらしじゃない。

佐々木 私もこの前、岡山ですごい寒かったです。

テリー そういう時って、ベンチコートとか着るの?

佐々木 それはもうみんな普通に着てるんですけど。この前の「フォーミュラ・ドリフト・ジャパン」っていうレースはYouTubeで全世界に配信してたんですよ。そうすると、やっぱり自分の応援してる選手が走るタイミングでベンチコートも脱いで必死に応援するので。YouTubeのチャットに、「すごい寒そうな顔してる」とか書かれてました(笑)。

テリー これからは特に寒いから、ストッキング3枚ぐらい重ねて穿くの?

佐々木 いや、穿かないです。生足で働いてます。

テリー 生足! 何で?

佐々木 ホントはストッキング穿かなくちゃいけないんですけど、穿く時に破れるのが、すごいストレスなんですよ。

テリー 穿く時に破けちゃう?

佐々木 すぐ破けます。

テリー 手袋して穿けば破けないってよく聞くけど。

佐々木 ああ、手袋して。考えたことなかったです。でも、生足の方がストレスがなくていいかな(笑)。

テリー そりゃあ、ファンはその方がうれしいけどさ。他の子はみんなストッキング穿いてるんでしょう?

佐々木 いえ、会った子はほとんど生足です。最近は生足が多いですね。

テリー あ、そう。みんな偉いな。でも、今はまだマシだけど、真冬になったら泣いちゃうな。

佐々木 ホントに(笑)。でも、涙すら凍っちゃうかもしれない。

テリー じゃあ、これからもレースクイーンの仕事はメインで続けていくとして、他にやりたいことは?

佐々木 9月に「ビッグコミックスピリッツ」の表紙を飾らせていただいて、ようやくマンガ誌の表紙を飾ることができたので、もっともっと出てない雑誌の表紙を飾ったりしたいし。今年初めてカレンダーを発売させていただくんですけど、こうやってやったことのないお仕事をいっぱい広げていきたいですね。

テリー 前はバラエティーとか違う分野にも挑戦したいって言ってたけど。

佐々木 今もその気持ちは変わってなくて。今年、テリーさんと仲のいい土屋圭市さんのお仕事の関連で「車選びドットコム」というYouTubeチャンネルのテレビCMに起用していただいて、初めてCMデビューしたんですよ。だから、他のCMにもいっぱい出たいなって、ずっと思い続けてるんですけど、それはまだかなってないので、CMにも出演できるようにしたいです。

テリー ひとつひとつ夢をかなえていく感じだね。

佐々木 そうですね、ちょっとずつ積み上げていければなと思います。

◆テリーからひと言

 ファースト写真集よかったな。次はビールの売り子姿の写真集やDVDで。俺、絶対イケると思うよ!

ゲスト:佐々木萌香(ささき・もえか)1997年、埼玉県生まれ。20歳の時にスカウトされ、2019年、レースクイーンとしてデビュー。その後グラビア活動を始め、「グラビア・オブ・ザ・イヤー2021」の「ネクスト・ブレイク賞」や「記者・編集者が選ぶグラドルアワード2022」のグランプリを受賞するなど、多くの賞を受賞。最新DVD「萌香に恋して」(イーネット・フロンティア)発売中。12月2日、「佐々木萌香 Vol.2 トレーディングカード」(ヒッツ)発売予定。ファースト写真集「いちばん。」(小社刊)発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった