スポーツ

【高校サッカー】全国初出場「大番狂わせ」続々の背景

 12月28日から始まる第102回全国高校サッカー選手権大会に向け、日本各地で行われている地区大会が大詰めを迎えている。青森山田が27大会連続となる出場を決めるなど強豪校が順当に駒を進める中、山形の山形明正や東京Aの早稲田実業、愛知の名古屋、沖縄の名護など初出場を決めた高校も多い。

 日本各地で大番狂わせが起きているわけだが、理由を元日本代表で高校サッカー選手権の開幕戦と決勝戦を解説している城彰二氏が自身のYouTubeチャンネルで分析した。

 城氏によれば高校生時代は番狂わせはほとんどなく、強い高校が順当に出場を決めていたという。自身が在籍した鹿児島実業はシードで2回戦からの出場だったが、それでも10-0などの大差で勝つことがほとんどで、決勝に照準を合わせていたと明かした。それがここ10年ほどで変化。初めて名前を聞く高校が出場するようになった。そのワケは、

「いい指導者が増え、いろんな高校に派遣されるようになった。急に強くなった高校を調べてみるとあの人が指導していた、なんてことがある」

 という。城氏は選手権開幕前に出場する高校を予想して調べておくそうだが、そんな状況から半分ぐらい当たらず調べ直すのが大変だという。

 無名の高校の躍進は選手権でも起こりそう。ジャイアントキリングに注目して観ると楽しめそうだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス