スポーツ

柱谷哲二が振り返った「ドーハの悲劇」試合後の号泣ロッカールーム

 1993年のサッカーW杯アジア地区最終予選でキャプテンを務めた柱谷哲二氏が、「ドーハの悲劇」と呼ばれるイラク戦のその瞬間、そして試合後について語った。

 柱谷氏は当時のチームメイトである吉田光範氏、北澤豪氏、福田正博氏とともに前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演。アジア最終予選について語り合い、話はドーハの悲劇に。

「後半が始まってすぐ、ラディというイラクのセンターフォワードに振り向きざまにパンチを食らった。審判に直訴したが、誰も見ていなかった」

 と柱谷氏。それに加えて疲労もあり、いつものプレーができなかったという。

 2-1で試合はロスタイムへ。このまま勝てばW杯出場が決定する。途中出場の武田修宏が右サイドでボールを持ってフリーに。

「いまだに思うのは『キープ』って声をどうして出さなかったんだ。あそこでセンタリングじゃなくて『キープしろ!』って。声が出なかった。全員出なかった。武田としては3点目を取りにいったんだと思う」(柱谷氏)

 武田がボールを失うとイラクは攻撃に転じ、コーナーキックを獲得する。その瞬間がやって来た。

「(コーナーキックは)中に入れてくるものだと思った。レフェリーに『フィニッシュ!』と訴えたら、レフェリーは『One more play』。これで終わるんだと思った。ショートコーナーの頭はなかった」

 と振り返った柱谷氏。イラクはないと思っていたショートコーナーを選択。センタリングをイラクの選手が頭で合わせると、ボールは吸い込まれるように日本のゴールに収まった。

「その瞬間は『嘘だろ?』っていう。自分と松永(成立)さんの間にふーっと入ってきて、『シゲさんそれ取れないのか?えっ?』って。そのまま入っていった。そこから真っ白。どう終わったか覚えてない」

 試合後のロッカールームについては、

「松永さんは大声で泣いて。あの時からロッカーをきれいにするのが当たり前で。みんなが脱いだシャツをサブの選手たちが袋に詰めたり、澤登(正朗)がほうきで掃いていたり。みんな泣きながら。そのシーンを思い出すたびに今でもグサッと胸にくる。都並さんをアメリカに連れて行ってあげたかったなとか。ロッカールームは僕の中で最後一番印象に残っている。もうあんなことは自分の中では一生ない出来事」

 柱谷氏の話はサッカーファンなら涙なしでは聞けない記憶である。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは