エンタメ

本家とは違います…2014年「“ウラ”新語・流行語」大賞!(3)大賞はあの号泣議員!?

 最後は政治部門で総仕上げといこう。

森喜朗元総理(77)の『あの子は大事な時に必ず転ぶ』も石原伸晃前環境相(57)の『最後は金目でしょ』などウラ流行語常連の言葉は捨てがたいところですが、ここはあえて、いちばん笑わせてくれた松島みどり前法相(58)の『ウチワ』を選びたい」

 去る10月7日の参議院予算委員会では、議長も思わず失笑する滑稽な質疑応答となった。

「これはウチワですね」

 と執拗に食い下がる民主党・蓮舫議員の迫力に思わず、

このウチワは、ウチワのように見えるかもしれませんが(笑)」

 と陥落。選挙運動には“夏炉冬扇”なウチワ問題で、「下仁田ネギ60万円分」を交際費に計上した小渕優子前経産相(40)と一緒に大臣職をW辞任。

 だが、小渕氏の後任の宮沢洋一経産相(64)もまたやらかした。SMバーの領収書を交際費として記載したのだ。「SM大臣」のレッテルを貼られてしまった。

「はっきり言ってSMバーと知らなかったのは『ムチ』のひと言でしょ」(デーブ氏)

「大義なき総選挙」を自民党が乗り切っても、宮沢氏が経産大臣を続投しようものなら“責められまくる”のは目に見えている。

「今年はゴーストライターにしても、STAP細胞にしてもオモシロすぎる記者会見が多かったよね。中でも、いちばん出来がよかったのが、野々村竜太郎(元)県議(48)の号泣会見。もうアカデミー男優賞をあげたいくらい」(デーブ氏)

 195回の日帰りカラ出張など不透明な支出がバレた野々村氏の、

この日本を~、ワァーン! この世の中を変えたい

 という絶叫はいまだ記憶に新しい。

「新聞各紙があの泣き声を正確に表現しようと、いろんなカナに濁点を付けるなど腐心していたことが見逃せません」(やく氏)

 というわけで、今年のウラ流行語大賞の栄えある受賞者は、何度見ても笑いを禁じえない号泣県議に決定! 来年こそは「笑う角に福来る」ウラ流行語がたくさん生まれますように──。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」