芸能

旧ジャニーズ枠が空いたわりには新鮮味に欠けるNHK紅白の「追加サプライズ」

 大みそか放送の「第74回NHK紅白歌合戦」の出場者が発表されたのは11月13日。故・ジャニー喜多川氏の性加害問題で揺れる旧ジャニーズ事務所の所属タレントは出場ゼロで、初出場は紅組5組、白組8組の計13組だった。

 毎年、出場者の顔ぶれが話題になる紅白だが、今年で6回目の出場を果たし、もはや常連化してきた純烈のリーダー・酒井圭一が先ごろ放送の「せやねん!」(MBS毎日放送)にVTR出演。紅白の裏側を語っていた。

 本番中、舞台袖で他の出演者の歌を聴いたりできる? との質問には、

「舞台袖に行ったらめちゃ怒られると思う。歌った人のセットが一気にハケてくる。それを片付けたら次の人のセットを用意してバーンバーンバーンみたいな、とんでもないことになっている。紙吹雪のときなんか『はい純烈が終わりました』、司会者がバッと映っている間に、ダスキン持ったスタッフがグワーッって100人ぐらいステージを」

 と回答。さらに純烈が目撃した大物たちの意外な一面を聞かれると、

「意外な交流があるんやなと。aikoさん、椎名林檎さん、石川さゆりさん、MISIAさんとか、そういう人たちが集まってしゃべっている。意外と歌姫バチバチというのはまったくない。超うまい同士がめっちゃしゃべっている。オリンピック的な雰囲気なんですよ」と話した。

 今年の紅白出場者の顔ぶれを見ると、旧ジャニーズ枠が空いた割には、新鮮味が乏しく、今後、追加サプライズが期待されている。

「今年は谷村新司さんや坂本龍一さんなど、亡くなった有名ミュージシャンが多かったので追悼コーナーが予想されています。あとは、キャンディーズ以来46年ぶりに出場する伊藤蘭と、現在、朝ドラに出演中の娘の趣里との親子共演、司会の有吉弘行と藤井フミヤのコラボが期待されています。かつて有吉が活動したお笑いコンビ・猿岩石がヒットさせた『白い雲のように』は、藤井が作詞を担当していますからね」(芸能ライター)

 意外な追加出場者で、舞台裏も盛り上がって欲しいものだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」