芸能

「もう信用できません」30年来の宝塚ファンが見放した歌劇団の「加害者隠し」と「宙組103期生の異常な実態」

 来年、創立110周年を迎える宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)が一転、存続の危機に瀕している。理由は言うまでもなく、今年2月の週刊誌報道に端を発した、数々のスキャンダルだ。

 下級生の顔にヤケドを負わせた「傷害事件」疑惑とイジメ、その被害者である劇団員の転落死。そして過重労働。警察は自殺とみているというが、それらの真相究明を拒んでいるかに見える隠蔽体質の歌劇団と、劇団員の自業自得だ。

 宝塚歌劇団を運営する阪急が近く調査委員会を立ち上げ、再調査する方針だと地元紙が11月19日に報じたが、30年来の宝塚ファンですら、この遅すぎるタイミングには疑問と不信感しかないという。

「転落死した劇団員の上級生たちが来月退団すると、公式発表済みです。つまり先日、問題の宙組のうち4人がヒアリングを拒否した調査と同じく、下級生イジメの疑惑が出ている上級生たちの退団後に聞き取り調査を行うとしたら、何の意味があるのか。宝塚歌劇団と阪急がここまで疑惑の上級生を庇うことが、理解できません」

 この宝塚ファンが疑義を深めるのには、理由があった。

「転落死した劇団員の同期、2017年入団の宙組103期生は入団当時、8人もいました。ところが退団者や移籍者が続出。転落死した劇団員を含めて、わずか2人になってしまいました。ファンも宙組の異常さには気づいていたので、助けてあげられなかったことが悔しいんです。転落死した劇団員も、この夏に退団予定でした。ところが同期が1人になってしまうことに心を痛め、退団時期を来春に延期した結果の転落死。今夏に退団していれば、彼女が亡くなることもなかった。宙組103期生はとうとう1人になってしまった。ロクに調査もせず、上級生の関与がないという結論ありきの歌劇団は、もう信用できません」

 古参の宝塚ファンは創立110周年記念イベントに泥を塗り、宙組103期生の希望を奪ったイジメ加害者が刑事告訴されることを望んでいる。現役劇団員の集団退団がささやかれる同歌劇団。だが、陰湿なイジメに見て見ぬフリを続け、死人まで出した元ジェンヌらに対する世間の風当たりは、六甲おろし以上に厳しいだろう。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】