エンタメ

藤井聡太八冠の「ファッション鉄オタ」説を一掃する「マジ乗り鉄」のマニア度

 藤井聡太八冠が香川で電車の運転や車掌を体験し、ファンの注目を集めている。

 竜王戦を制し3連覇を果たした藤井八冠は11月26日、香川県琴平町で行われた竜王祝賀会に出席。自身の対局を解説したり、香川の日本酒やうどんなどのグルメを堪能した。あいさつでは「これが本場で初めていただいた讃岐うどんかなと思っていたんですけど、瀬戸大橋の与島PAで讃岐うどんを食べたことを思い出して、今日は恐らく2回目かな」などと発言し、会場の笑いを誘った。

 また、祝賀会の翌日には香川県の高松琴平電鉄を訪れ、制服に身を包み、首から黄色いホイッスルを下げて車掌の職務を体験。「琴電はレトロな車両が多く活躍しているので、最近の車両とは違う雰囲気があって、とても面白かったです」と満面の笑みで感想を語った。

 将棋ライターが語る。

「藤井八冠の鉄道好きは有名ですが、中でも生粋の『乗り鉄』なのは知る人ぞ知る話。以前の会見では北海道新幹線が札幌まで開業した場合に廃止となってしまう、函館本線・長万部~小樽間の通称『山線』に乗りたいとマニアックな発言をし、周囲を『?』状態にしていました。11月に行われた『第44回将棋日本シリーズJTプロ公式戦決勝』前のトークイベントで『好きな路線は?』と問われすぐには路線名を答えらず、ネット上ではにわかに『ファッション鉄オタ説』が浮上したものの、多すぎて即答できないというのが本当のところでしょう」

 最近は、撮り鉄のマナー違反などが大きな社会問題になっている。藤井八冠の人柄が一部鉄オタが持たれる負のイメージを一新してくれることを期待したいものだ。

(ケン高田)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談