スポーツ

巨人・小林誠司がベストナインで「1票」獲得の皮肉

 プロ野球のセ・パ両リーグのベストナインが発表された。セ・リーグでは、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得したDeNAの東克樹投手や、広島からFAとなりオリックスへの移籍が決まった西川龍馬選手ら4人が初受賞。38年ぶりに日本一に輝いた阪神からは3人が選ばれた。

 また、「扇の要」である捕手は、セは巨人の大城卓三選手が3年ぶり2回目の受賞。パはオリックスの森友哉選手が2年ぶり4回目の選出となった。

 そんな中、野球ファンの間で注目を集めているのが、得票数「1」の選手だ。ベストナインはその年のプロ野球のシーズンで最高の成績を残した選手をポジションごとに決めていくのが基本ルール。「全国の新聞、通信、放送各社に所属して5年以上プロ野球を担当している者」が投票権を持つと定められている。ところが、中には「なぜこの人が?」という選手も少なくなく、批判が殺到しているのだ。

 今年は巨人の小林誠司捕手、中日の高橋周平内野手、DeNAの大田泰示外野手らが「1票」を獲得しているが、特に小林などは21試合に出場し、わずか9打席で1安打のみ。なぜベストナインとして投票されたのか疑問の声が出て当然だ。

 スポーツライターが語る。

「ベストナインは選手に対する記者の『印象』が加味されるため、小林に1票を投じたのは、普段から懇意にしている記者なのかもしれません。選ばれれば選手にとっては大きな栄誉になりますが、お情けともとれる1票は返って迷惑なのでは。もし奮起を促されているのならなんとも皮肉なものです」

 昨年のオールスターの「プラスワン投票」でも、小林は打率1割台にもかかわらずダントツの得数を獲得して選出され、辛口の野球ファンからは「晒し物」と言われただけに、小林も「またか」の心境なのかも。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え