政治

「オレは総理とツーカー」官房機密費の使い道を得意げにバラした石川県知事・馳浩の「度し難い資質」

 政治家にとって「言葉は命」である。いったん発せられた言葉は、のちに撤回を宣言しようとも直ちに独り歩きを始め、時として大騒動にも発展する。石川県の馳浩知事による大放言は、まさにこの典型例と言えるだろう。

 11月17日、東京都内で講演した馳氏は、2013年の東京夏季五輪招致活動をめぐり、「ここからはメモを取らないで」と勿体をつけた上で、当時の安倍晋三総理から「馳、カネはいくらでも出す。官房機密費もあるから」と告げられたことを、得意げに暴露した。

 当時、馳氏は自民党の五輪招致推進本部長の任にあった。その日の講演ではさらに得意げな表情を浮かべながら、IOC(国際オリンピック委員会)の委員約100人に対する贈答品として、1冊20万円の記念アルバムを官房機密費によって製作した事実を、自分の手柄とでも言いたげな面持ちで披露してみせたのである。

 IOCの倫理規定は五輪関係者への贈答や接待などを禁じており、馳氏によるアルバムの贈答は同規定に抵触する可能性がある。しかも委員約100人に1冊20万円のアルバムを贈ったとなれば、その総額は実に2000万円以上という勘定になるのだ。

 これはマズイと思ったのか、馳氏は即日「事実誤認があった」として、慌てて発言を撤回。その後、報道陣から「どこが事実誤認だったのか」と問われても、同じ釈明を何度も繰り返したあげく、ついには回答を拒否するに至っている。

 あまりにオソマツな一連の経緯について、自民党の執行部関係者はこう吐き捨てた。

「官房機密費の使い道を公の場で喋りまくってしまったのは、馳さんが初めて。おそらく講演で自分を大きく見せたかったんだろう。オレは安倍総理ともツーカーだった、官房機密費だって自由に使えた、とね。そもそも官房機密費は具体的な使途を明らかにできないから『機密費』なんだよ。当然、官邸にしても迷惑千万な話。政治家としての馳さんの資質は、まさに『度し難い』としか言いようがない」

 一連の騒動は今、IOC関係者の倫理規定違反問題にまで発展しかねない雲行きになっている。対官邸、対自民党も含め、馳氏はどうオトシマエをつけるつもりなのか。撤回すれば済む問題ではないのだ。

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」