スポーツ

サッカー元日本代表・李忠成「伝説のボレーシュート」は「確信しかなかった」瞬間胸中

 サッカー日本代表の歴史の中でもサポーターの心に焼き付いて離れないプレー、忘れられない一瞬がある。

 2011年に行われたアジアカップの決勝、オーストラリア戦の延長後半で李忠成が挙げたゴールも、その1つだ。左サイドの長友佑都からのクロスを、左足のダイレクトボレーでオーストラリアのゴールに叩き込み、これが決勝点となって日本はアジアカップ優勝をつかんだ。

 李忠成氏が鈴木啓太氏のYouTubeに出演し、伝説のゴールの瞬間を語った。

 李氏は延長前半9分に途中出場。その時のことを、

「遅いよって。ポジティブですよ100%。出たらどうしようとか思わなかったですね。早く早くって、遅い遅いって。ザック、分かったからもう早く交代して1分でも俺に時間くれ。俺が決めてやるからって」

 と振り返った。そしてクロスを受けた瞬間、ゴール前の李氏はフリーでトラップしてからシュートを打つこともできたが、

「トラップするつもりは全くなかったですね。たぶん、周りはしろと思っていたと思いますけど。(ボレーは)得意だったし、ベクトルが自分に向いていてもうやるぞっていう気持ち100%だったんで、入るイメージしかない。毎日練習していたから不安なこともなかった」

 と、トラップは考えなかったという。

 シュートの前後はボールがコマ送りのようにゆっくり飛んでくるのが見え、どのタイミングで蹴ればゴールに入るのかまでわかったとか。

「動画を見ればわかりますけど、打った瞬間に僕はもう後ろ向いています」

 とボールの行方を見なくてもゴールが決まったことがわかったという。

 日本中をハラハラさせた李忠成氏のボレーシュートが、本人だけは必ず入ると確信していたとは驚きだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」