スポーツ

【日大アメフト部廃部】悪質タックル問題から一度は「再生」していた「OB指導者」起用からの「暗転」

 11月29日、違法薬物問題で揺れていた日大アメリカンフットボール部の廃部が決定した。戦前、1940年に創部された83年に及ぶ歴史に幕を閉じることになる。

 日大アメフト部は大学日本一を決める「甲子園ボウル」に21回優勝。「フェニックス」の名称で知られ映画化もされた強豪だったが、2018年の悪質タックル問題に引き続き3人の逮捕者まで出した薬物問題で、厳しい選択を迫られることになった。

「自業自得」の声は確かにその通りなのだが、悪質タックル問題後、実は部は「再生」していた。きっかけを作ったのは日大で、ヘッドコーチ(HC)に外国人指導者7人を含む69人の応募の中から橋詰功氏を招聘。一度もHCのキャリアのない指導者を選んで再スタートを切ったことで話題になった。チームは1年で1部に返り咲き、20年には甲子園ボウルで優勝している。

 大学のスポーツ部で不祥事が起きると、当事者たちがボランティアなどの社会貢献を軸にした復帰プロジェクトが組まれるが、橋詰氏は選手との対話を重んじて再建に努め、チームを強くすることで償うことを徹底させてきた。しかしその契約は3年間で、

「21年8月、契約満了で日大を去ることになったんです。日大側から電話で通告されました。ただ、本人は続投を希望していたんです」(アメフト担当記者)

 後任にはHCもスタッフも全て「日大OB」を登用。結果的に今回の違法薬物問題が起きた。大学スポーツ界では09年に近畿大ボクシング部の部員が通行人を襲うなど傷害事件に関わったことで一度は廃部になったものの、12年に同部OBでタレントの赤井英和氏が総監督として立候補し復活した例もある。日大アメフト部は再び「不死鳥」のごとく蘇ることができるか。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」