芸能

「ゴム逆さ吊り」に「舌ワザ鍛錬」藤原紀香が摩訶不思議な美容トレーニングを公開実践したら…

 最近は映画「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」での、夫・片岡愛之助との夫婦共演も話題だ…といえば、藤原紀香だ。「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、15年ぶりに登場したのが12月4日。「これで明日から紀香 ナゾの美貌に迫るSP」ということで、もっぱら紀香が自身の美容法について語るものだった。

 最初の美容法は「シルクサスペンションヨガ」。天井からブラ下げられたゴムで逆さ吊りになり、手足に加圧ベルトを巻いて負荷をかけ、そこから腹筋などをするという。一瞬、何かのプレイ…かと思うような、逆さ吊りトレーニング。セレブのやることはわからない。

 さらに「舌のトレーニング」。口腔内を鍛えるために、駄菓子の風船ガム1粒で、風船を膨らませるというもの。舌根が固くなると誤嚥などが起きやすいので、それを柔らかくするためにやった方がいい、と実践。しゃべくりメンバーにもやるように促した。

 1粒だけで風船ガムを膨らませるのは至難の業らしく、うまくできないメンバーを横目に、紀香は巧みな舌使いで見事に風船ガムを膨らませていた。

 そして後半は「紀香が選んだ昭和&平成の曲12連発カロリー消費メドレー」だ。カラオケ大好き紀香のチョイスで、メンバーを巻き込んでのカラオケ大会となった。広瀬香美「ロマンスの神様」をはじめ、アニメ「うる星やつら」の「ラムのラブソング」に「キャッツアイ」と歌いまくるわ、歌いまくるわ。なにかもういろんなことが吹っ切れたのか。欲求不満でエネルギーが余りに余っているのか。ノリノリ過ぎて「紀香、どうしちゃったの!?」と心配になるほどだった。

 ちなみに番組が最後の最後までシークレットにしていたゲストは、globeのマーク・パンサー。「DEPARTURES」を熱唱する紀香の後ろから「ご本人様登場!」スタイルで現れたのだが、さんざんジラしておいてマーク・パンサーか、と。

 来年1月に高島礼子、剛力彩芽と舞台「メイジ・ザ・キャッツアイ」をやるそうだが、どうせ「キャッツアイ」をやるなら、明治時代になど変換せず、現代でやってもらいたい。もちろん三姉妹は、あの全身レオタードの衣装で。30年前に見たかった気もするが、マニアは食いつくはずだ。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談