スポーツ

巨人・坂本勇人がスキャンダルまみれで「現状維持」岡本和真のメジャー移籍が絡む年俸交渉ウラ

 巨人・岡本和真が12月6日、契約更改交渉に臨み、1.5億円増の4億2000万円でサインした(金額は推定)。「めちゃくちゃいい評価をしていただきました」と本人はニンマリだった。

 高卒入団10年目での年俸4億超えは、9年で到達した松井秀喜氏に次ぐチーム史上2位となる速さ。ただ、4億円突破よりも注目されたのが、この日の岡本の交渉時間が2時間ちかくかかったこと。「単年か、複数年か」という番記者からの問いかけに岡本は「内緒です」と笑ってごまかしていた。

 長時間交渉の中身の一つは、メジャーへの移籍がある。順調にいけば2027年のオフに海外FA権を取得するが、そのとき岡本は31歳になっている。メジャー各球団は、このオフに岡本がポスティング移籍で挑戦するのではという期待を抱いていたが、「ウチではポスティングは一切認めない」との巨人フロントの意向で今オフは流れていた。ただ、それはあくまで現状での話。メジャー各球団での岡本の評価は、

「WBCの優勝が大きかった。岡本は本来三塁手だが、今季一塁も外野も守れることで一段と評価があがりました」(巨人担当記者)

 と、ますます株が上がっている。

 一方、巨人は5日に坂本勇人と現状維持の年俸6億円で契約を更新している。坂本は来年5年契約の最終年で「ダウン提示」も大いにありえる話だった。球団はスランプに故障と散々だったシーズンにもかかわらず、打率2割8分8厘、22本塁打、60打点の成績を高く評価した。

「多くの女性スキャンダルがありましたが、野球に関してはストイック。陰で努力をするタイプなんです。そうでなきゃ、この成績は出せません。読売グループとしての評価は微妙ですが、巨人フロント陣にとっては来季もチームを坂本ありきで動かそうとしています」(前出・巨人担当者)

 巨人にしてみれば坂本の現状維持は「ヤル気」を維持させる「期待料」という目論みと、合わせて岡本が来季オフにポスティングで米大リーグに流出することへの対策も孕んでいる。いずれにせよ、今年のプロ野球界はWBCで一気に盛り上がり、同時にメジャー志向に一気に拍車がかかったが、岡本はその第一人者だ。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」