スポーツ

ペパーダイン大学卒「大谷翔平の代理人」が移籍交渉報酬「50億円」を得るまでの「メジャー断念」激動人生

 これもアメリカンドリームだろう。エンゼルス時代のチームメイト、マイク・トラウトやサッカーのリオネル・メッシを上回るプロアスリート史上最高額の「10年7億ドル契約(1015億円)」をつかみ取った大谷翔平だが、その代理人のネズ・バレロ氏の報酬は、50億円に上る見込みだという。不幸な事故でメジャーリーガーの夢を絶たれたバレロ氏だったが、順当にメジャーリーガーの道を歩むより、もしかすると人生の成功者になったのだから面白い。

 バレロ氏はペパーダイン大学卒業後の1985年、ドラフト4巡目でシアトル・マリナーズに指名されたが、結婚した1989年オフに悲劇に見舞われる。2A在籍のオフシーズン、生活費を稼ぐための副業として建設工事現場で働いていたところ、足場から転落。背中、骨盤、肋骨を骨折する重傷を負った。懸命なリハビリで復帰したものの、やがてマリナーズから放出され、引退へとつながった。50億円は新婚早々にメジャーの夢が破れる生活を支えた、糟糠の妻に捧げる報酬ともいえよう。

 その後はアトランタ・ブレーブスのスカウトのかたわら、野球学校を経営。海千山千のメジャーリーグ球団と粘り強く交渉するネゴシエーターとして頭角を表すのは、2006年にカリフォルニア州にある「CAA」(Creative Artists Agency)のスポーツ部門「CAA Sports」の共同創設者となってからだ。「CAA」は日本国内では吉本興業と業務提携、西島秀俊や菊池凛子の代理人のほか、ハリウッドではトム・クルーズやブラッド・ピット、ナタリー・ポートマン、デヴィッド・ベッカムの代理人も務める、世界屈指のエージェント会社だ。

 ドジャースは野茂英雄やダルビッシュ有が在籍したが、先発登板数に応じた出来高払いを約束されていながらリリーフに回され、挙げ句にポストシーズンに放出された前田健太(現タイガース)の扱いを覚えているファンからは、大谷の移籍を心配する声も上がる。

 だがバレロ氏の手腕であれば、破格の契約金だけでなく、今後10年間の大谷の起用法についても細かい契約条件がついているとみるのが妥当だ。

 ペパーダイン大学といえば19年前、山崎拓氏を破って当選した古賀潤一郎元衆議院議員(当時は民主党所属、福岡2区)の学歴詐称で話題になった。留学生は長らく肩身の狭い思いをしてきたが、これからはバレロ氏という大先輩を自慢できることだろう。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」