スポーツ

大谷翔平のブルージェイズ入りを回避させた「水原一平通訳の立場が危うくなる」菊池雄星の存在

 プロスポーツで世界最高額契約(10年総額約1015億円)を結び、名門ドジャースに移籍することになった大谷翔平だが、6年間にわたり専属通訳としてアシストを続けた水原一平氏の去就が注目された。

 水原通訳は北海道・苫小牧で生まれだが、1991年にロサンゼルスに家族で移住。アナハイムのエンゼル・スタジアムの近所で育っている。

「父の英政さんは、日本ハムが2018年に米国キャンプを行った際の専属シェフでした。ちなみにこの時の監督はWBCで世界一を奪取した栗山英樹氏。そんな縁もあって栗山氏の水原通訳に対する信頼も絶大なんです」(メジャー担当記者)

 水原通訳には大谷自身が自ら専属契約の形で報酬を支払っており、大谷は「契約で僕の年俸の2%しか払えない。申し訳なく思っている」とコメント。水原通訳の新婚旅行の航空券を手配したのは有名な話で、2人の絆の深さを物語るエピソードは多くある。

 MLBでは通訳のベンチ入りは一カ国につき1人。大谷の移籍騒動で最後にトロント・ブルージェイズが有力視されたが、

「花巻東の先輩でもある菊池雄星がいますからね。大谷番の日本人記者の間では、水原さんの立場が危うくなるので、それはないなと話していました」(大谷担当記者)

 実は水原通訳は1995年に野茂英雄氏がドジャースに入団して以来の熱狂的なドジャースファン。そして大谷の高校時代から「ショウヘイがロサンゼルスに来てくれるまで、何度も日本にやってきます」と獲得に熱心だったのもドジャースだった。現在の水原通訳の住まいはロサンゼルスにあり、父の英政さんはロサンゼルス内で日本の居酒屋を経営している。また、エンゼル・スタジアムとドジャー・スタジアムは車で1時間はかからない距離にある。

 消去法でいけば大谷の移籍先はドジャースが最有力候補だったことがよくわかる。水原通訳の去就の正式発表はまだだが、大谷とともにドジャースに移籍するのが自然の流れだろう。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…