芸能

コロチキ・ビスブラも同期「THE W」紅しょうが優勝で証明されたNSC33期生「黄金世代説」

「女芸人No.1決定戦 THE W 2023」で優勝し、第7代目クイーンとなった「紅しょうが」。この好結果によって、笑いの本拠地・大阪で久しく囁かれ続けていた「ある説」が立証された。「大阪NSC33期生の覇王ぶり」である。

 NSCは吉本興業が運営するマルチタレント養成所。創設された1982年の1期生がダウンタウン、ハイヒールなどだったことから芸人の趣が強い。しかし、現在は総合的なエンターテイナーを募集、育成しており、学校は東京と大阪のみならず、北海道から沖縄まで構える。その大阪校33期生からは、メジャー賞レースの高実績保持者が多く出ているのだ。

 紅しょうがは熊元プロレスが35期生だが、稲田美紀が33期生。現在クリスマスイブ(12月24日)決戦を前に盛り上がっている「M-1グランプリ2023」だが、今年念願の初決勝を決めたマユリカは、中谷と阪本ともに33期生だ。

 一方、コントに目を向けると、「キングオブコント」(KOC)では15年にコロコロチキチキペッパーズ、22年にビスケットブラザーズが優勝しており、いずれも大阪の33期生。

 コロチキのナダルは優勝後、「クズ芸人」にカテゴライズされることで仕事を増やしていき、20年には「日経エンタテインメント!」(日経BP社)調査の「1番嫌いなお笑い芸人」で2位にランクインした。だが今年は、大手企業からのCMオファーが続いて好感度が上がった。

 ビスブラは20年に「第9回 ytv 漫才新人賞決定戦」、翌21年に「第51回NHK上方漫才コンテスト」で関西で2冠を達成。その翌22年、集大成を体現すべくKOCでコントの頂点に立った。まだコロチキほどの全国露出はないが、高い演技力にはダウンタウンの松本人志が舌を巻いた。

「KOCでは、コンビそろって33期生の男性ブランコが21年に準優勝しています。翌22年にはM-1の決勝戦に初進出を決めて、演技力の高さにプラスして着眼点も称賛されました。ニッポンの社長は辻が32期で、ケツは33期。2人はKOCで20年から今年まで4大会連続で決勝舞台に立っています」(お笑い評論家)

 ピン芸人日本一を決める「R-1グランプリ」で二度準優勝のZAZYも黄金の大阪33期生。M-1、R-1からも覇者誕生でグランドスラムも夢ではない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】