スポーツ

死去・元関脇寺尾が最期は心臓にペースメーカー…酒量増のきっかけになった「貴乃花との因縁」

 大相撲の錣山親方(元関脇寺尾・本名=福薗好文)が12月17日、東京都内の病院で死去した。

 父は「もろ差し名人」で鳴らした元関脇・鶴ケ嶺で、3人兄弟の末っ子。次兄・元関脇逆鉾(元井筒親方)、長兄・元十両鶴嶺山も力士だった。

 16歳で入門。兄弟の中で最も可愛がってくれた母親が亡くなって相撲の世界に入った。「ずっと母親のことを忘れず土俵にあがる」という決意でしこ名を「寺尾」を引退まで貫いた。その亡き母・節子さんの旧姓である。

「現役時代からイケメンで、当時は若貴兄弟以上の人気がありました。『アビ』というニックネームは相撲部屋にやってきた外国人のお客さんが錣山親方のあまりの可愛さにa baby(ア・ベイビー)と言ったのがきっかけで、それが短くなってアビというアダ名で呼ばれていました」(古参の相撲担当記者)

 1991年、春場所初日から10連勝だった18歳の貴花田(元横綱貴乃花)との初顔合わせの激闘は、伝説の一番となった。「高3(貴花田)になんか負ける訳にはいかない。支度部屋での記者の取材も若貴ばっかだった」と、敵意剥き出しで上がった土俵で敗れた。花道で下がりを投げつけるほどの悔しさを表し、その後は「1勝14敗でもいいから貴乃花には負けたくない」と並々ならぬ闘志を燃やしていた。

 そして4年後、95年の春場所で横綱になった貴乃花から初めて「金星」を獲得したのが寺尾だった。有言実行、とにかく熱い力士だった。2018年の日本相撲協会役員改選では、スキャンダルが続く相撲界の腐敗に意を決して一門を飛び出し、「貴乃花グループ」とタッグを組んだ。「力士以外の行司さんや呼び出しさんたちの待遇をあげなきゃいけないという訴えに共鳴した」のが理由だった。しかし最終的には貴乃花親方と意見が合わずに解散。

「皮肉にもこのことがきっかけで酒量が極端に増え持病の不整脈が悪化。ニトログリセリンの服用を続けていたといいます。体重もみるみる落ちて、心臓にペースメーカーをつけていました」(前出・相撲担当記者)

 常に相撲を愛してやまなかった錣山親方。相撲界はまた大切な人材を失った。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴