芸能

「パクリ疑惑」日本エレキテル連合に吉本芸人が怒り心頭!

20141209elekitel

 今年いちばんブレイクしたお笑いコンビといえば、「日本エレキテル連合」だろう。“ダメよ~、ダメダメ”は、今年の流行語大賞にも選ばれ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。しかし、そんな彼女たちになんと“パクリ疑惑”が浮上しているのだ。

「ネタをパクられたと主張しているのは、大阪を中心に活動している吉本新喜劇の名脇役・島田一の介師匠。師匠が新喜劇で行う『ダメよダメよダメなのよ~』が日本エレキテル連合のネタと非常に酷似しているというわけです」(スポーツ誌記者)

 島田は、芸歴40年のキャリアを持つ大ベテラン。このネタが日本エレキテル連合よりもはるか前に作られたものであるのは明らかだ。これに対し、日本エレキテル連合は、このネタが生まれたきっかけについて、「二人でネタの打ち合わせに入ったファミレスで、ホステスとオヤジがこのやりとりをしていて思いついた」と語っている。

 しかし、日本エレキテル連合が流行語大賞に選ばれたことで、島田のほうの被害は甚大だ。

「島田は『俺がパクったと思われるから、このネタやりづらいな』と漏らし、封印する意向のようです。それを聞いた島田の弟子や共演者たちは、『師匠のギャグを封じ込めるなんて許せない!』と怒り心頭となっている」(吉本新喜劇関係者)

 この件に関しては、早くもネット上では議論が巻き起こっており、「島田一の介のパクリかよ」「島田一の介師匠の“ダメよダメよダメなのよ~”のほうが面白いと思うのですが、どうでしょうか?」といった書き込みであふれている。

 一体この騒動、どうなるのか、関係者は心配を隠せない。

「日本エレキテル連合と島田一の介師匠の共演は、まずNGになるでしょうね。しかも島田一派は日本エレキテル連合にクレームを入れることも考えていると言います。このままうやむやにしておくと、彼女たちが芸能界で生き残っていくのは難しいかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 もちろん、先輩のネタをパクるなんて、ダメよ~、ダメダメ。日本エレキテル連合のオリジナルだと信じたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上