芸能

最新“艶技派”3トップ美女優を徹底比較(3)やはり真打ちは壇蜜

20141211c

 まさに両雄譲らぬ官能対決となってきたが、黙っていられないのはエロスの化身・壇蜜(33)である。

 深田も体当たりでムチに打たれたようだが、ムチといえば壇蜜。昨年公開された映画「甘い鞭」(角川書店)では、“ハードな責め苦”の撮影に本気で感じてしまったという逸話まである。

 そんな壇蜜が、今月16日に自身初のディナーショーを「ANAクラウンプラザホテル大阪」で催すという。彼女の恋愛感やエッチなお仕事について、ぶっちゃけトークを繰り広げる予定だというが、これまで写真集発売イベントで下着のナマ脱ぎまで披露したことがあるだけに、既成のディナーショーで収まるはずがないだろう。そもそもファンとの触れ合い、ファンへのサービスは壇蜜の本分とするところ。

「壇蜜は、この夏放送された深夜ドラマ『アラサーちゃん』(テレビ東京系)における、ドエロ艶技で評価を上げている。1度脱いで売れたら2度と脱がなくなる女優が多い中で見上げたものです」(城下氏)

“地上波史上最過激”というシーンを連発し、独身OLの下半身の本音を赤裸々に表現した。「これぞ壇蜜!」と株を上げたばかりである。

「同ドラマでの初主演が決まった際には、『トップを出してもいい』『脱いでも全然いいですよ』と話し、女性プロデューサーを感激させたそうです」(テレビ誌記者)

 もちろん、あの壇蜜が意気込みだけで終わるはずもなく、撮影現場は異様な雰囲気に包まれたという。

「目の当たりにしていた若いスタッフが、我慢しきれなくなったとの話もある。カットがかかると、壇蜜さんがオールヌードで現場をウロウロするのだから、当たり前でしょう。日頃から“裏方さんフェチ”を公言し、『美術さんがナグリ(トンカチ)を持っている筋肉が好き』とか『照明さんが照明を持ってプルプル震えてる姿にエロスを感じる』などと話していますから、彼らに対するサービスだったのかも‥‥」(グラビア関係者)

「エロは表現の一つだと思っている」と話している壇蜜を映画「地球防衛未亡人」(竹書房)で主演に抜擢した、河崎監督が評する。

「映画を撮影した時は、自分のことを当時、人気絶頂だった『ボブ・サップと同じ』と表現していました。彼女は常に自分が何を求められているかわかっている非常に頭のいい人なんですね。男も、おウチでビールを用意して待っている檀れいより、壇蜜さんのエロスに癒やされるんでしょう」

 真冬でも“オトコ”を熱く燃え上がらす三つどもえのエロス頂上決戦だが、ますます刺激的にヒートアップしてもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」