芸能

CDTVでもビルボードでも1位なのに…YOASOBIが「優秀作品賞から外れた」レコ大の謎

 12月18日に放送された「CDTVライブ!ライブ!クリスマス4時間半スペシャル」(TBS系)の年間ランキング、そして同局が12月30日に放送する「第65回 輝く!日本レコード大賞」の受賞曲一覧がおかしなことになっている。同じテレビ局の歌番組特番でありながら、「CDTV」のヒット曲年間トップ10に入った楽曲が、ひとつもレコード大賞の優秀作品賞に入っていないのだ。さるレーベルの幹部が首を傾げる。

「両番組とも今年のヒット曲を紹介する特番なのに、全く異なる曲をヒットソングとして挙げていますね。特に扱いがおかしいのが、YOASOBIの『アイドル』です。これはBillboard JAPAN総合ソング・チャート『JAPAN Hot 100』では、7週連続で首位を獲得した。5月26日に英語版がリリースされると、6月10日付の米ビルボード・グローバル・チャート『Global Excl. U.S.』でもトップの座に就きました。同チャートで日本語楽曲が首位を獲得したのは史上初の快挙であり、今年最大のヒット曲なのは音楽業界の誰もが認めるところでしょう。ところがレコード大賞の優秀作品賞からは漏れ、CDTV特番放送翌日に、TBSはレコ大『特別国際音楽賞』受賞と番組出演を発表しました」

 しかも今年のヒット曲は「アイドル」をはじめ、人気アニメやテレビ番組、イベントのタイアップソングから多々生まれたはずが、ここにも齟齬が生じていると、このレーベル幹部は指摘するのだ。

「日本テレビやフジテレビなど、ライバル局の人気アニメや番組タイアップ曲が『CDTV』のトップ10に入り、TBSで放送中のアニメ『呪術廻戦』のテーマソングはトップ10圏外。昨年のレコード大賞特別賞のKing Gnuが歌う同アニメのオープニング曲『SPECIALZ』も今年9月にシングル売り上げ1位になっているのに、『CDTV』トップ10とレコ大優秀賞のどちらにも漏れている。一方で今年メンバーが脱退したKing&Princeら旧ジャニーズ事務所のグループが『CDTV』トップ10入りし、韓流グループはレコ大優秀賞に選出されるという、シングル売り上げ無視の『おかしなバランスゲーム』になっている。TBSはいつまで時代錯誤の忖度を続けるつもりなんでしょうか」

 そんな韓流だらけのレコード大賞を見るより、谷村新司や坂本龍一、高橋幸宏、KAN、もんたよしのり、大橋純子、櫻井敦司、X JAPANのHEATH…今年亡くなった偉大なミュージシャン達のありし日の歌声をストリーミングで聴いた方が、2023年の終わりに相応しくはないか。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった