エンタメ

不登校YouTuberゆたぼんが沖縄の中学校に通っていた「少年革命家を卒業」宣言の第2ステージ

 不登校で世間を騒がせた小学生YouTuberのゆたぼんがいつの間にか、しっかりした15歳の中学生になっていた。

 現在は沖縄の学校に通っており、父親は仕事のためか、よく家を長期にわたって空けることが多いという。そのせいで、かえってしっかり者になったと、もっぱらなのである。

 能登半島地震についても、被災地の交通渋滞を避けるために勝手なボランティアをしないように呼びかけた。

「大阪在住の小学3年生の頃に、宿題を強制する学校に疑問を抱いて、不登校でも生きていけることを証明するとして、不登校YouTuberになったことがなつかしいですね」

 こう振り返るのは、ネットライターだ。続けて、

「学校には無理して行かなくてもいい、という思想で社会的な論争に発展しましたが、なんと学校へ行っていたとは。昨年12月に15歳の誕生日を迎えて、少年革命家を卒業すると宣言しています。一部では『ビジネス不登校をやめたのでは』と揶揄する口さがない声もありますが…」

 大人の革命家へと転換する時なのか、はたして…。

(小津うゆ)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」