芸能

週刊誌で脱いだ斎藤工のもっと恥ずかしい赤面シーン

20141126logo

 ドラマ昼顔で上戸彩と不倫関係になる高校教師役でブレイクした斎藤工が、「週刊文春」12月11日号で過激ショットを披露し、話題を呼んでいる。一糸まとわぬ姿で寝そべり、アソコを手で隠した大胆なカットに人妻たちはメロメロ。俳優業の他にもモデル、映画監督に歌手、カメラマンとしても活躍しており、その才能は多岐に渡る。

 だが、そんな斎藤にはあまり知られていない秘密があった。演技の勉強のため、そのつど気になったことはメモをとるという斎藤の手書きノートが番組でアップになった時、ファンに衝撃が走った。それは、あの甘いマスクとはあまりにもかけ離れた字の汚さと誤字脱字の多さだ。このメモを見る限り、

〈本根と立前⇒本音と建前〉

〈意聞⇒意見〉

〈ある定度⇒ある程度〉

 など、パッと見だけでもこれだけの誤字が発見できた。難しい漢字ならちょっとした書き損じに見えるがどう見ても小学校で習う日常的に使用する漢字ばかり。

 この様子を見たファンからは、

「小学生からやり直してこいよ」

「天は二物を与えず」

「好きだったのになー、頭悪そう」

 と辛辣なコメントが並んだ。

 ファンサービスで露出するのも良いが、漢字の勉強も裸一貫で頑張ってほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ