女子アナ

TBS・田村真子アナ「遅すぎる夏休み」裏の「フリー転身阻止」の思惑

 TBS系の朝のバラエティー番組「ラヴィット!」のアシスタントを担当する同局の田村真子アナウンサーが1月29日に“遅い夏休み”から復帰。「本当にゆっくりさせてもらいました!」と本人も笑顔でコメントしていた。

 田村アナは父・憲久氏(元厚労相)ら政治家の家系で育った才女。

「大学時代(上智大文学部新聞学科)は憲久氏の議員宿舎から通っていました。ただ、コネではなく堂々難関を突破して2018年に入社しました」(TBS関係者)

 キャリアシートの特技の欄に「正座」と書く理由は、大学時代に茶道部に入っていたから。女子アナといえば、ミスコンから学生時代にはタレント歴を引っ提げて入社するのが定番となっているが、

「田村アナの場合は学生時代、テレビ朝日のワイドショーやNHK BSのニュース番組でのアルバイト歴があり、今は現場のスタッフの動きや気持ちを汲めるアナウンサーとして局内での評価は非常に高いんです」(前出・TBS関係者)

 今回、1月に「夏休み」というとんでもないシフトになったのは「田村さんでなきゃ困る」と番組MCを務める麒麟の川島明らのスタッフの声もあったという。

「TBSでは、看板番組に自社のアナウンサーではなくタレントを起用する伝統がある。女子アナたちは、自分たちよりもタレントを起用する会社の方針に長年ストレスを抱えているんです。フリーやタレントへの転身が続出するのは、これが理由。田村アナの夏休みが翌年までズレた理由はもう一つ、本人のヤル気と、彼女に番組を任せるという局側の姿勢を見せること、つまりフリー転身阻止の思惑もあったそうです」(夕刊紙記者)

 連日朝5時の出社を続け奮闘する田村アナの人気は、今後もヒートアップしそうだ。

(小田龍司)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人