スポーツ

石田ゆり子と大谷翔平「愛犬」をめぐる「大炎上と美談」の悲しすぎる落差

 出席した全米野球記者協会(BBWAA)の晩餐会(ニューヨーク)へ感謝の気持ちを綴るとともに、同伴した愛犬「デコピン」の動画をインスタグラムで公開したのは、ドジャース・大谷翔平である。

 ニューヨークからロサンゼルスへの帰路のチャーター機内と思われる座席で、デコピンはなんとか頭を上げているものの、今にも首がカックンと落ちそうなほどに爆睡。この動画に60万人が「いいね!」し、4000件の「デコピン、可愛い」というコメントがついた。

 同じく愛犬家の石田ゆり子は1月上旬、羽田空港での日本航空機と海上保安庁機の衝突事故で救われなかったペットに言及し、「ただただ動物達の命を救いたかった」とインスタに書き込んだ。だがこれだけで、コメント欄を閉じなければならないほど大炎上したのは記憶に新しい。

 大谷と石田、人物によってインスタ利用者の反応がここまで違うことには驚きだ。

 同日、報道番組「Live News イット!」(フジテレビ系)に出演した動物研究家のパンク町田氏によれば、デコピンの推定体重は15キロから18キロだという。隣にいるのが大谷ゆえデコピンが小さく見えるのだが、実際には柴犬よりひと回り大きい中型犬。英国王室のエリザベス女王が生前に飼っていた愛犬コーギーほどの大きさはある。

 1月15日から国内線全路線、全便でペット同伴サービスを始めたスターフライヤーでも、客席側に持ち込めるのは長さ50センチ×横幅40センチ×高さ40センチ以内のケージに入る小型犬に限られている。国内外問わず、大谷のようなチャーター機利用でもない限り、愛犬との空の旅は楽しめないようだ。

 しかもニューヨーク滞在中、大谷は「I don’t know why he looks so sad」というコメントともに、タキシード姿でお疲れのデコピンを抱き上げる写真も掲載。大谷とマンハッタンでの休日をそれなりに楽しんだのだろうが、目の上を八の字にした悲しそうなデコピンを見ていると、どんなVIP待遇であっても、犬にとっては長距離移動が負担であることが伺える。

「むやみやたらに動物を飛行機に乗せることにはもちろん反対です。なぜならそれはやはり動物たちにとってかなりのストレスだからです」とは、大炎上した石田が書き込んだ正論だ。

 動物の姿は可愛いのに、もはや「何を書いたか」でなく「誰が書いたか」「誰が載せたか」という基準で執拗に誹謗中傷のコメントを残す、匿名ユーザーだらけのSNS。いつになったら変わるのか。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」