スポーツ

「中日の4番打者は中田翔ではない」アレックス・ラミレスが指名した最下位チーム浮上の「若きキーマン」

 2年連続で最下位に沈んだ立浪和義監督率いる中日ドラゴンズは今オフの改革のひとつとして、中田翔を巨人から獲得し、Aクラス浮上を期している。はたして中田は中日の新たな4番打者として君臨することになるのか。

 いや、元DeNA監督のアレックス・ラミレス氏の分析は違った。自身のYouTubeチャンネル〈【ラミレス公式】ラミちゃんねる〉で、今シーズンの中日を占っているのだが、

「中田翔がジャイアンツから移籍してきた。ジャイアンツのホームは東京ドームだったけど、あまり印象的な結果は出ていないよね。昨年は打率2割5分5厘、本塁打15本、37打点だった。狭い東京ドームがホームだったことを考えると、それほどいい結果ではなかった。そして今年から当然、本拠地はナゴヤドームになる。とても大きい球場なので、ホームランが出にくいよね。それでも、多くの人は中田翔が中日の4番に座るべきだと考える。ただ、数字などを見てポテンシャルを考えると、僕は細川成也が中日の4番に座るべきだと思うね」

 中田ではなく、若きスラッガーを指名したのである。

 細川は、2016年ドラフト5位でDeNAに入団。レギュラーとはほど遠く、2017年からの6年間で41安打、本塁打6本、19打点に甘んじた。だが2022年オフに現役ドラフトで中日に移籍すると、2023年は140試合に出場して131安打、24本塁打、78打点、打率2割5分3厘と開花した。中日の日本人選手でシーズン20本塁打を達成したのは、2010年の和田一浩(37本)、森野将彦(22本)以来の快挙となった。

 さらにラミレス氏はこう続ける。

「彼(細川)はナゴヤドームが本拠地でも、40本は打つポテンシャルを持っているよ。さらに100打点も可能で、本塁打35本から40本、90から100打点を挙げれば、中日は優勝できるだろう」

 この言葉に発奮するのは細川か、はたまた中田であろうか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」