芸能

美女アナ「玉の輿ランキング」20(2)笹崎里菜の夫・中丸雄一は「旧ジャニーズ」次期社長候補筆頭

 本業での稼ぎのみならず財力が豊かな超有名人の元に嫁いだ美女アナたちが続々と続く。

久慈暁子(29)が結婚したプロバスケットボール選手の渡邊雄太(29)は3億円超の年俸に加え、CM契約料も1本で年間5000万円クラス。NHKの桑子真帆アナ(36)の夫で俳優の小澤征悦(49)は、『30億円資産』を誇る指揮者の小澤征爾(88)を父親に持つ。推定年収2億円のバナナマン・日村勇紀(51)と結婚7年目を迎える神田愛花(43)は共稼ぎで『世帯収入3億円』はくだらないでしょう」(芸能記者)

 かつては「美女アナの結婚相手」といえば、プロ野球選手が定番だった。その割合こそ減ったものの、現在でも玉の輿パターンであることに違いはない。

「現役選手で最も儲けているプロ野球選手を射止めたのが、テレビ朝日の下平さやかアナ(50)でしょう。夫の巨人・長野久義(39)は今シーズンこそ推定4000万円ですが、生涯年俸は約20億円。人望が厚く、引退後も指導者として引く手あまたが予想されます。偶然にも、広島・堂林翔太(32)夫人の枡田絵理奈(38)、日本ハム・杉浦稔大(31)夫人の紺野あさ美(36)と、いずれも姉さん女房。夫の尻を叩いて年俸大幅アップの活躍を願っていることでしょう」(スポーツ紙記者)

 昨年末で日本テレビを退社した笹崎里菜(31)は、今年1月にKAT-TUNの中丸雄一(40)と結婚した。すでに推定3000万円以上の収入を得ているとされる中丸だが、さらなるステップアップがささやかれていた。

「中丸はスタートエンターテイメント(旧ジャニーズ)の次期社長候補の筆頭ですよ。彼と会社の指針について話し合いを重ねている現社長の福田淳氏も全幅の信頼を置いている。いずれにせよ、近く旧ジャニーズ関連会社の経営に参画するのは確実です」(芸能記者)

 結婚当初は「格差婚」と揶揄されたものの、驚異のアゲマンぶりを発揮しているのが、芸人・おばたのお兄さん(35)と結婚したフジテレビの山﨑夕貴アナ(36)だ。

「売れない芸人だったおばたですが、山﨑のアドバイスが功を奏して、近年はSNSを使って荒稼ぎしている。ネット界隈では超売れっ子となり、山﨑の収入を追い抜きました。昨年末には『年収が芸歴1年目から約100倍になった』と告白している。推定年収3000万円といったところでしょうか」(お笑い関係者)

 人もうらやむ玉の輿の形も様々なのである。

■美女アナ「玉の輿ランキング」20

1位 大江麻理子(テレビ東京)/夫:松本大(マネックスグループ会長)、総資産:数百億円

2位 加藤綾子(フリー)/夫:高木勇輔(株式会社ロピア社長)、年商:3401億円(2023年2月期)

3位 弘中綾香(テレビ朝日)/夫:岡田祥吾(株式会社プログリット社長)、推定資産:30億円

4位 椿原慶子(フジテレビ)/夫:今福浩之(株式会社竹村コーポレーション社長)、年商:94億円(2023年3月期)

5位 新井恵理那(フリー)/夫:マッチョ一般男性(大手製薬会社御曹司)、時価総額150億円超の会社の大株主に名を連ね次期社長確実

6位:久慈暁子(フリー)/夫:渡邊雄太(NBA選手)、年俸:3億7000万円

7位 桑子真帆(NHK)/夫:小澤征悦(俳優)、推定年収:7000万円(父親・小澤征爾に30億円資産)

8位 神田愛花(フリー)/夫:日村勇紀(お笑い芸人)、推定年収:2億円

9位 下平さやか(テレビ朝日)/夫:長野久義(プロ野球選手)、生涯年俸:約20億円

10位 滝川クリステル(フリー)/夫:小泉進次郎(衆院議員)、推定年収:4000万円(手当含む)

11位 小澤陽子(フジテレビ)/夫:加茂倫明(株式会社LabBase社長)、会社の評価額が60億円超

12位 水卜麻美(日本テレビ)/夫:中村倫也(俳優)、推定年収:1億2000万円

13位 笹崎里菜(フリー)/夫:中丸雄一(タレント)、推定年収:3500万円

14位 枡田絵理奈(フリー)/夫:堂林翔太(プロ野球選手)、推定年俸:6500万円

15位 秋元玲奈(フリー)/夫:鈴木瑞翔(バークレイズ証券株式会社社員)、推定年収:3000万円

16位 紺野あさ美(フリー)/夫:杉浦稔大(プロ野球選手)、推定年俸:5200万円

17位 宮澤智(フジテレビ)/夫:30代一般男性(マッキンゼー・アンド・カンパニー社員)、推定年収:4000万円

18位 宇内梨沙(TBS)/夫:30代一般男性(外資系投資銀行社員)、推定年収:3000万円

19位 山本里菜(フリー)/夫:樋口慈(バンク・オブ・アメリカ社員)、推定年収:3000万円

20位 山㟢夕貴(フジテレビ)/夫:おばたのお兄さん(お笑い芸人)、推定年収:3000万円

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」