スポーツ

とんだカン違い…阪神・森下翔太が大ヒンシュクを買った「2軍での横柄な態度」【アサ芸プラス2024年1月BEST】

 春季キャンプで「回旋打法」なる新たな打撃フォームに取り組んでいる、阪神タイガースの森下翔太。打球が飛ばず、岡田彰布監督にさっそく「ダメ出し」されてしまったが、2年目の飛躍は叶うのか。いや、打撃フォームの前に、基本的な態度から修正しなければならない事態を起こしていたというのだが…。(2024年1月24日配信)

 昨シーズン38年ぶりの日本一になった阪神タイガースにおいて、若手野手で貢献度が高かった1人が、今シーズンがプロ2年目となる森下翔太だろう。

 1月25日には大阪天満宮で行われた「初天神梅花祭」に参加。他の若手選手とおよそ1200人の観客を前に、声援に応えていた。

 ルーキーイヤーは94試合に出場して打率2割3分7厘、10本塁打、41打点。日本シリーズでは3試合連続打点を挙げ、特に第5戦はオリックスの中継ぎエース・宇田川優希から逆転の2点三塁打を放って、劇的勝利に貢献。新人らしからぬ勝負強さを発揮した。

 プロ1年目から戦力になること自体すごいが、さらにチームも日本一となれば、向かうところ敵なし。普段から意気揚々と試合に出ていたというが、心配な面もあった。在阪スポーツメディア関係者が言う。

「森下はシーズン中に2度、ファーム調整を命じられて、1軍を離れていました。ところが2軍では裏方などサポートスタッフに偉そうな言動を繰り返し、大ヒンシュクを買っていたのです。人気球団のドラフト1位で活躍すれば周りがチヤホヤしまくるのはわかるのですが…。勘違いしてそのまま終わっていった選手は、過去にゴマンといますからね」(球団OB)

 心配が杞憂に終わればいいが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング