芸能

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(1)監督と“感覚”が一致

20141225x

 クワッと目を見開いて、たとえ相手が親分だろうが、激情をぶつけまくる──。実録極道映画で見せた菅原文太の姿は、晩年に尽力した社会的活動の姿勢そのままだ。生前に残していた未公開肉声の封印を解きながら、「反骨役者人生」の真実に迫る!

「何なんでしょうかねえ‥‥いろいろ意味づけをする人はいるけど、まあ、単純に作品がおもしろいからじゃないかな」

 実録極道映画の金字塔──というより、戦後日本映画の不朽の名作で、主役の菅原文太を一躍スターダムに押しあげた代表作として知られる「仁義なき戦い」。今に至る同作品の根強い人気の秘密は何だろうか?

 今から11年前の平成15年(2003年)2月某日、筆者は菅原文太氏にインタビューできる機会があって、この質問を直接本人にぶつけたところ、返ってきた答えが冒頭のものだった。物書きやジャーナリスト以上に理屈っぽい映画人を数多く見聞きしてきており、文太氏に対しても読書家で理論家とのイメージが強かっただけに「仁義なき戦い」について、

「理屈はいらない。おもしろいから(観客に)受けた」

 との明快な答えは、どんな難しい話が飛び出してくるかと身構えていた当方をホッとさせ、わが意を得たりとの思いを強くしたものだった。

 もっとも、氏の話が、深作欣二監督や脚本を書いた笠原和夫、川谷拓三や室田日出男など、いわゆるピラニア軍団と称された俳優たちに及んだとき、なぜ「仁義なき戦い」という傑作が生まれたのか、その秘密の一端がうかがえるような話になったのはむしろ当然で、興味は尽きなかった。

「仁義なき戦い」は、それまで東京撮影所でしか撮っていなかった深作欣二にとって初めての京都撮影所作品。東映の東撮と京撮はいわばライバル関係にあり、当時の京撮には、

「なんで『仁義なき戦い』を深作に撮らすんや」

 といった空気も流れていたといわれる。

 が、深作はそれで怖気づくようなタイプではなく、逆に深作流のバイタリティに満ちたエネルギッシュな仕事ぶりは、京都撮影所の雰囲気をも変えてしまったという。

「あの人は物怖じしない人だから(笑)。初めての陣営に乗りこんで、結構最初から平気でマイペースを通しきってたからね。そこらはたいした監督だったなあ」

 とは文太の弁で、深作監督の撮影現場についても、

「まあ、じっとしてないんだ。檻の中のクマやライオンみたいにウロウロ歩いて、現場の机のコップ一つでも置き直したりね。カメラ据えたらのぞいて、『おい足らんぞ。映像が薄いぞ』と。やっぱり濃密なものを求めていた。一枚一枚のカットにね。

 オレなんかもそういうのが好きだから。ただ顔を映されるというのはあまり好きじゃないほうだから。いろんな夾雑物〈きょうざつぶつ〉(混じり込んでいる不必要な物)がある中で動いたり映ったりするほうがおもしろいじゃないですか。そういう点では一致したんだね、オレと深作〈サク〉さんの感覚は。サクさんはカメラ台の上にカメラをほとんど置かなかったから。全部手持ちでやらしてた。だから、いつも画面が揺れていて、『それ、もっと動け! おまえ、動かなきゃダメだ!』って」

 と当時を懐かしがった。

◆作家・山平重樹

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!