スポーツ

「有馬記念」を大胆予想!スポーツ紙“エース記者”が万券座談会!(2)

20150101_08oo-2

水戸 人気の一角、ジャスタウェイだけど、距離2500メートルは、どうだろう?

漆山 JCではグーンと伸びていましたから、全然問題ないでしょう。

椎名 僕は距離がもたないと思って無印にして、痛い目にあいましたからね。

水戸 バランスの取れた馬体の格好いい馬なんだよな。能力は相当に高い。叩き3戦目ということを重視したいね。今回は前走よりもっと走ると思うよ。

漆山 状態がよくない中で2着まで来ましたからね。さすが世界一の馬ですよ。

椎名 凱旋門賞の8着は、不良馬場の安田記念(1着)で走っちゃったあとなので疲労はあったと思います。

漆山 休み明けというのもありましたしね。ただ、中山実績は1着と3着。中山記念は強い勝ち方でした。

椎名 でも、JCは満足な状態じゃない中で好走した。それが今回悪いほうに出る可能性もなくはない。人間もそうだけど、つらい時に頑張ると、よけい反動が出るじゃないですか。

漆山 それにハーツクライ産駒は、右回りのGIで勝ってないですからね。京都とかに比べれば中山の成績はいいんですけど、本質的にプラスだとは思えない。

水戸 ハーツクライ自身は有馬を勝ってるし、俺は重い印を回すけどな。

椎名 同じハーツ産駒なら去年2着のウインバリアシオンが大穴候補だけど、問題はワンアンドオンリー。ダービーで先行したことで行きっぷりがよくなり、タメが利かなくなって、本来の差し脚を発揮できなくなった。あの勝利自体はすばらしいし、横山典騎手の好騎乗なんだけどね。この馬は橋口調教師にダービーを取らすことで役目を終えたのかも。それこそ、ワンアンドオンリー(笑)。

漆山 確かに、そんな気がしないでもないですねー。

水戸 私も今回は無印だ。

椎名 あと、今年は“カープ女子”って言葉もはやったじゃないですか。牝馬がクサイと思うんですよね。珍しく5頭も出てくるわけで、1頭ぐらい絡みそうな気がするんですけど。

水戸 核心をついてるね。

漆山 まさか、ジェンティルドンナ本命ですか?

水戸 いや、JCは2着のジャスタウェイとコンマ2秒差だったが、有馬で一変するとは思えんだろう。

椎名 普通に考えて、これから1頭何億円かになる金の卵を生むだけに、引退レースのここは無事に走って、という思いでしょう。ブエナビスタも引退レースの有馬で凡走(7着)しましたし、勝負はかけられないと思うんですよね。

漆山 使ってよくなるタイプじゃないですか。叩き3戦目というのは、あのオルフェーヴルを吹っ飛ばした12年のJC勝ち以来。そういう点では、今回の走りに注目したいですけどね。

椎名 じゃあ、水戸さんの本命は? ラキシス

水戸 違うね。この馬はそんなに使ってなくてフレッシュだし、まだ上がり目はあるだろうから、無印ってわけにはいかんけど。

漆山 前でも後ろでも、どんな競馬もできますしね。

椎名 ただ牡馬に“壁ドン”されちゃうと、ひるんじゃうかもよ(笑)。

漆山 それ、牝馬全てに言えますよね(笑)。

◆プロフィール 水戸正晴 サンケイスポーツ記者。週刊アサヒ芸能「万券を生む血統論」を連載する大穴党。狙うはどのレースでも1年に1度は手にしてきた帯封(100万円)。この有馬記念で実現する!?

◆プロフィール 椎名竜大 スポーツ報知記者。10年に穴党に転じた直後のスプリンターズSで35万馬券を的中し、一気にブレイク。カラオケ党でもあり、他人のマイクを奪ってブレイクすることも。

◆プロフィール 漆山貴禎 夕刊フジ記者。東京大学文学部卒。競馬記者歴は9年。予想スタンスは実績とデータ重視。今年のGIでは、3歳牡牝3冠の6戦全てを的中させるという快挙を演じている。

◆アサヒ芸能12/22発売(1/1・8年末年始合併特大号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ