スポーツ

「有馬記念」を大胆予想!スポーツ紙“エース記者”が万券座談会!(1)

20150101_08nn

水戸 ファン投票は、ゴールドシップが1位に選ばれたな。

椎名 ゴールド‥‥年の瀬はみんな、お金が欲しいんですよ。

漆山 ハハハハ。それに日本人は芦毛の馬が好きですからね。オグリキャップがそうだったように。

椎名 有馬記念は世相を表すとも言われていて、12年の漢字「金」の時は、ゴールドシップが勝ちました。

水戸 今年の漢字は「税」か。そんな馬いるのかよ。

椎名 だから今年は“流行語”に注目してるんです。

水戸 まあ、椎名の注目馬はおいおい聞くとして、まず、ゴールドシップは凱旋門賞以来になるけど、2人はどう評価してる? 間隔をあけたのはいいし、中山は向いてるが、私は雨が降った時だけ出番があるんじゃないかと見てるんだが。

椎名 この馬は気分しだいのところがありますから。ただ、岩田騎手とは手が合いそうですよね。3月の阪神大賞典で勝ってますし。

漆山 あの時は、ほんとピッタリ折り合いがついて、強い競馬でしたね。

水戸 血統から言えば、日本の古い血脈から来てる馬なんだが、その血統からGI馬は出ていない。それなのにGI5勝だろ。まるでお化けみたいな馬だよな。

椎名 お化けというより妖怪ですね。“妖怪ウォッチ”的な。

漆山 ハハハハ、強引。

水戸 でも、仮にこの馬が勝つとしたら、今年はレベルが低いってことになるぞ。去年はオルフェーヴルに子供扱いされたんだから。

椎名 顔ぶれは派手ですが、本当に強い馬はいないような。人気薄でもつけいる隙はあるでしょう。

漆山 僕は、凡走は考えられないんですよね。時計のかかる今の中山なら、馬券に絡んでもおかしくない。

水戸 そうか? だってよ、エピファネイアがJCのレースを再現したら、みんな降参するしかないだろ。積極的に行かせれば、よさが出るタイプなんだろうからな。

漆山 ただ、JCは前と横にしっかり馬を置いていたから何とか我慢できた気がしないでもない。外枠でも入れば、ポーンと行ってしまう可能性もありそう。

椎名 枠順はマー君(田中将大)と松山康久元調教師がくじ引きするドラフトしだいですが、父シンボリクリスエスは02年、03年にここを連覇しています。特に03年は2着に9馬身差をつける圧勝劇。府中より中山のほうが合うでしょうね。

漆山 去年の菊花賞(1着)が不良馬場、JCの時も少し水分を含んでいましたから、そういう馬場だとギリギリのところで我慢できるのかもしれませんね。データを調べても、有馬は4歳馬がいちばん成績いいですし。

水戸 だから、まずはエピファを負かす馬がいるかどうかを考えるしかないんだよな、今回の有馬は。

椎名 ただ、騎手が乗り替わるっていうのがね。川田騎手は他に乗り馬がいるのに、それを捨ててエピファを選択したっていうのが。

水戸 実際走るのは馬だから。JCの出来をキープしてきたら、やっぱり怖い。

椎名 水戸さん的には“ありのまま”の走りを見せてほしいと(笑)。

水戸 バカなこと言ってんじゃないよ。

◆プロフィール 水戸正晴 サンケイスポーツ記者。週刊アサヒ芸能「万券を生む血統論」を連載する大穴党。狙うはどのレースでも1年に1度は手にしてきた帯封(100万円)。この有馬記念で実現する!?

◆プロフィール 椎名竜大 スポーツ報知記者。10年に穴党に転じた直後のスプリンターズSで35万馬券を的中し、一気にブレイク。カラオケ党でもあり、他人のマイクを奪ってブレイクすることも。

◆プロフィール 漆山貴禎 夕刊フジ記者。東京大学文学部卒。競馬記者歴は9年。予想スタンスは実績とデータ重視。今年のGIでは、3歳牡牝3冠の6戦全てを的中させるという快挙を演じている。

◆アサヒ芸能12/22発売(1/1・8年末年始合併特大号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
水原希子、映画「彼女」でマッパ“馬乗り合体”の「前後スライド」が激艶!
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」