芸能

千原ジュニアが奇跡連発! なんと大谷翔平と大谷亮平が「まさかの出会い」神的瞬間

 千原ジュニアが2月10日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送された「千原ジュニアのタクシー乗り継ぎ旅19」でミラクルを連発し、神回だと評判になっている。

 千原とゲストの大谷亮平は秋田県由利本荘市をスタートし、東北を横断して宮城県気仙沼市を1泊2日で走破した。

 1日目、9台のタクシーに乗ったが、「お名前ボーナス」はゼロ。これは運転手の名前に漢数字の「一」から「九」があった場合、その数字に1000を掛けた金額がプラスされるというルールだ。ボーナスをゲットした場合、望むか望まないかによらず、その分の距離を走行する必要がある。そして1日に1回はお名前ボーナスに当たることが多いが、この日はそうではなかった。

 それが2日目になると、お名前ボーナスを連発。4回も引き当てる運の強さを発揮したのである。ところが、である。千原が「珍しい」とこぼす事態が発生した。

「目的地までちょうど5000円の距離で乗ったタクシーで2000円のお名前ボーナスにブチ当たり、そのぶん歩いて戻るハメになりました。これだけでもミラクルなのですが、さらにもう一度、ボーナスがついてほしくないのに運転手さんの名前が『三浦』で、3000円分も余分に走ることになったんです。運がいいのか悪いのかなんともいえませんが、奇跡ではありますね」(テレビ誌記者)

 いや、奇跡はこれで終わらない。大谷翔平の出身地である岩手県水沢市(現・奥州市)で、大谷が幼少の頃に練習していたバッティングセンターの横を通り過ぎた。その瞬間、ジュニアは、

「大谷翔平選手が練習したバッティングセンターを見る大谷亮平さんを見てるからな、俺は」

 とドヤ顔。なかなか見られない瞬間に、ご満悦だった。

 大谷はこのために呼ばれたのではないか、という声も出るほど。しかし、先のテレビ誌記者は、

「ルートはジュニアが決めているので、水沢市を通るかどうかわかりません。イチかバチかで呼んだのであれば、見事に成功したことになります」

 野犬に襲われそうになったり、高岡早紀を激怒させたりと、過去にも多くのミラクルを連発してきた「タクシー乗り継ぎ旅」。次はどんな軌跡が起きるのか楽しみだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」