社会

虫とネズミまみれの家で発見した遺体とひと晩過ごす…テレビと新聞が報じない訪問ヘルパーの阿鼻叫喚

 これは虫が極端に苦手な人には、キツイ話になるが…。新年度からの訪問介護の基本報酬が、引き下げられることが決まった。

「介護なんてずっと先の話」と思う人はいるだろうが、40歳以上であれば毎月、健康保険料とともに介護保険料が給料から天引きされているので、自分たちの手取り収入に直結する問題でもある。

 新聞やテレビはハンコを押したように批判一辺倒だが、介護報酬の引き下げに至った「介護業界の闇」がある。

 筆者と仕事上の付き合いがある介護事業者は、冒頭のように前置きした上で、訪問ヘルパーの現状についてこう話した。

「訪問ヘルパーの有効求人倍率は15倍を超えてますが、介護報酬と給料を高くしたって応募はありません。むしろ小綺麗な分譲マンションや公団、サービス付き高齢者住宅などを一棟まるごと委託される事業者は、コロナ禍でも利益率が7%を超える『バブル状態』で、ヘルパーも充足しています。問題なのは、高齢者の独居住宅や公営住宅を回っている小規模事業者。それらの事業者にとって報酬減額は渡りに船で、介護報酬減額を口実に、ヘルパーが行きたがらない家の契約を切ることができる。もちろん報酬が減らされるより増えた方がいいので、業界としては『報酬減額に反対』ですが」

 ヘルパーが行きたがらない家とは何か。介護事業者が続けて指摘するのは、

「虫とネズミだらけの家、傷んだ食べ物やゴミを捨てると怒り出す老人、ヘルパーに暴力やセクハラ暴言を浴びせる老人がいる家です。ヘルパーが訪問先ごとに靴下をいちいち替えればいいとか、そういうレベルじゃないんです。靴下はすぐに何かわからない真っ黒な汁で汚れ、ビチャビチャになる。ゴミが積み重なり、足の踏み場のない床の下で『アレ』がカサコソと這っている音が聞こえたり…」

 最悪なのは、訪問ヘルパーや訪問看護師が家を訪れた際に、住人が亡くなっていた場合。夏だと3日ぶりに訪れて、変わり果てた腐乱遺体と対面することもある。変死の疑いがあれば警察が来るまで、病死の可能性が高くても医師が到着するまで、第一発見者のヘルパーはその場に遺体と一緒にいなければならない。主婦や定年退職後の高齢者が、軽い気持ちでできるような仕事ではないのだ。

 今では少なくなったが、死亡診断書を書く医者が「今日は夜遅いので明日の朝に行くから。それまで遺体を見てて」と遺体のお守りをヘルパーや訪問看護師に丸投げするパターンがある。

 とりわけ高齢化と老朽化で人がほとんど住んでいない老朽マンションや公営住宅のひと区画、虫だらけの部屋で、医師が来るまで夜を明かすこともある。それ以外にも訪問宅で包丁を振り回されたり、頭の上にネズミが乗っかったり…。そんな調子だから、独居老人が多い地域の訪問看護師の年俸を800万円に上げたところで、応募者は誰もいない。

 新聞とテレビがインタビュー取材しているのは「介護報酬をピンハネしている業者」であって、地獄の番人よりひどい仕事を実際に押し付けられているヘルパーの叫びではないのだ。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」