社会

出生率減少で深刻化する沖縄の「墓問題」長男が継承する習わしが崩壊して…

 2023年の日本人の出生数は、前年に比べて4万人以上少ない72.6万人となる見通しで、減少率は5.8%となった。「合計特殊出生率」が最も高かった都道府県は沖縄県の1.70だが、それでも自然減。今、沖縄でも少子化は進行しており、それに伴う「墓問題」が深刻化している。

 沖縄の墓はサイズが大きく、古来より父方の血を引く長男が引き継ぐ習わしとなっている。そのため、長男はたとえ進学や仕事で県外へと出ても、最終的には沖縄に戻ってきて家と墓を継ぐのが一般的だ。しかし最近は多様性の時代になりつつあり、この習わしが薄れつつあるというのだ。沖縄出身で長男という男性に話を聞くと、

「沖縄では『命どぅ宝』という言葉があるように、『命こそ宝』と言われています。同時に子は親の所有物という考え方があり、これはその昔、借金と引き換えに子供を年季奉公する風習があったから。自分も小さい頃から『墓は長男が継ぐもの』と言われて育ちました。ところが最近はSNSなどで多様性が叫ばれるようになり、これまで沖縄の中の常識しか知らなかったのが『好きなように生きてもいいのでは』と思うようになりました」

 この男性は現在30代だが、結婚願望は全くないという。ひと昔前であれば、沖縄では30代の独身者は変な目で見られていたというが、最近は結婚願望を持たない若者が増えている。さらに少子化を後押しする要因に「LGBTの増加があるのでは」と指摘する声も。那覇市の飲食店に勤務する「G」の男性が言う。

「沖縄では10年ほど前からLGBTが急増していて、イベントなども頻繁に開催されています。本州から『地元ではカミングアウトできないから』と沖縄に移住してくるLGBTの人も多いです。ただ、沖縄ではLGBTコミュニティーが狭いため、地元の人は県外に出たり外国人と付き合うケースがほとんど。そうなるとますます、地元で結婚したり子供を作る人が減っていくんでしょうね」

 沖縄の街中を歩いていると、至る場所で墓が見られる。しかし、こうした継承問題が深刻化するにつれ、持ち主のいない墓は撤去されてしまう。沖縄の墓は時代の移り変わりとともに、変化していくのだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え