芸能

「不倫女優対決」でマリコ様に突き放される広末涼子の前途

 26年間所属した芸能事務所「フラーム」の退社を2月16日に公表した広末涼子だが、その独立に暗雲が垂れ込めている。同日に開設したインスタグラムのフォロワー数は10日後の26日でもわずか4万人にとどまり、昨年の同時期に不倫疑惑を報じられた篠田麻里子のフォロワー数68万件に遠く及ばない。

 篠田は今クール、自身の醜聞を地でいくような不倫妻を演じる「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系、土曜23時30分)で、濃厚なラブシーンを好演中。TVerなどの見逃し配信でテレビ朝日の歴代記録を更新し、2月24日には第1話から第5話までの配信総再生数が2000万回を突破したと、同局が発表した。

 今年3月末での脚本家引退を表明し、同作を手がける鈴木おさむ氏は2000万回突破を前に、自身のインスタグラムで篠田とのツーショットを投稿。

「勇気を出してドラマ出てくれてありがとう」

 と篠田をねぎらった。番組制作会社幹部が言うには、

「話題性と濃厚なベッドシーンばかりが先行し、篠田の今後の女優活動には懐疑的な報道がありますが、これが脚本家生活最後の連続ドラマとなる鈴木氏は番宣インタビューで『このドラマで篠田さんがブレイクしてくれれば』と語っています。篠田にとって幸運だったのは、自身の不倫をめぐるダーティーなイメージが、相手役たる小池徹平のドS演技が際立って、すっかり上書きされてしまった。篠田を見ても、もう『チェリー? キス?』といった、笑いすら誘うラブシーンしか思い出さないでしょう。田中みな実のブレイクを彷彿させます」

 対して広末はいまだ、鳥羽周作シェフの顔と恥ずかしい手紙の文面がチラつく。

「出演していたキリンビールやゴディバジャパンなど、4本のCMをW不倫騒動で降板。地上波テレビ復帰はまだ困難です。映画に活路を見出し、ベッドシーンを演じても、篠田の二番煎じという評価になりかねません。早稲田大学への不透明な推薦入学で、もともと同世代の女性から支持されていなかった上に、鳥羽氏の家族をバラバラにさせたことで、広末は女性消費者から徹底的に嫌われてしまった。あとはアイドル時代からの男性中年ファンの『鳥羽がイケるなら、オレでもイケるかもしれない』という、かすかな期待をくすぐる営業に活路を見出すしか…」(前出・番組制作会社幹部)

 不倫ママ女優が座る椅子はひとつしかないのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴