芸能

TBS田村真子アナに勝手に闘志むき出し!「当たり屋」森香澄が玉砕した「実力対決」

 元テレビ東京アナウンサー・森香澄のあざとさは金になる。

 2023年3月にテレ東を退社して以降、フリーアナとして、あるいはタレントとして、バラエティー番組を主戦場に。さらにはグラビアにも挑戦すると、2月28日には初の写真集「すのかすみ」を発売した。局アナから女優に華麗なる転身を遂げた田中みな実に続けとばかり、勢いづいている。

 一方で「アンチ」も多く、特に同性からの嫌われ率は高い。女性はとにかくあざとい女が嫌いだ。そして、あのあざとさに気付かない男性をバカだなと思う。もっとも、男性はといえば、多少性格が悪くても可愛いければOK、というフシがある。なので同性に嫌われたところで、痛くも痒くもないのだ。

 さて、そんな森が2月28日の「ラヴィット!」(TBS系)に登場した。オープニングテーマが「ほろ苦いもの」だったのだが、

「TBSの入社試験に落ちたことです。その年、TBSはアナウンサー、女性3人も採用しているのに、私は落ちたんです。多い年なのに、なぜ私は落ちたのか。悔しいです。屈辱的でした」

 さらに番組MCの田村真子アナに、

「田村さんはアナウンサーとしてはひとつ先輩になるけど、年齢は同じで、ライバル視させていただいています」

 と闘志むき出しに。自分の成績の悪さと人間力の低さを棚に上げ、勝手にライバル視するなど、まるで「当たり屋」のふるまいだ。これには番組を見ていた田村アナのファンが「アナウンサーとしての格が違う」「田中みな実の二番煎じのくせに」と容赦ない。

 その後は「田村真子vs森香澄 ビリビリアナウンサー対決3番勝負!」と題して、早口言葉などアナウンサーのスキルで2人を対決させる。結果は田村アナの勝利だった。

 スタジオのレギュラー陣がどちらの応援につくか、というのもやっていたが、面白いのが森アナについたのはたった2人だけ、という人気のなさ。もっとも、

「何を言われても、落ち込まないですね」

 と話す森。好きな言葉は「向き不向きより前向き」という超ポジティブ人間だ。こういうタイプはイジればイジるほど大きくなるおできと一緒で、タチが悪い。無視するのが一番なのだが…。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」