芸能

吉高由里子 紅白司会抜擢の裏で壮絶“秘”特訓

20140108e

 14年紅白歌合戦紅組司会に抜擢された吉高由里子(26)。下ネタの限界を気にしない吉高の生放送出演に、期待は高まるばかりだ。

 期間平均視聴率22.6%。朝ドラ「花子とアン」は過去10年の朝ドラ最高視聴率となった。そうした貢献もあり、紅白紅組司会を射止めた吉高。ところが10月の完全決定まで、「花アン」共演者である仲間由紀恵(35)とのW司会などの情報も飛び交った。

 芸能記者が語る。

「8月9日にNHKで放送された『思い出のメロディー』の司会をやったことから、仲間が有力視されました。しかし、これは完全にNHKの仕掛け。紅白に向けた話題作りのために思わせぶりな情報をリークしたのです」

 確定した現在でも、吉高には別な意味での“期待”が集まっている。それは制御不能と言われる天然なふるまいにある。

 08年に公開された映画「蛇とピアス」で、吉高は全裸での絡みに挑戦している。しかし、撮影が疑似であることがわかると、こう悔しがったという。

「本当にするんじゃないんだぁ」

 公私にわたるこうした“伝説”を常に提供している吉高だが、今回は生放送である。コトが起これば取り返しがつかないのだ。

 そんなこともありNHK局内では、

「年末の歌番組史上最もスリリングな司会者」

 と言われている。本人もオファーが来た時に不安な表情で、

「私で大丈夫なのかしら?」

 と心配していたというが‥‥。NHK関係者が明かす。

「吉高さんは濁音の発音が汚く聞こえるクセがあるとのことでした。そこでNHKの講師が矯正しているのです」

 裏で行われている“秘”特訓には、総合司会を務める有働由美子アナ(45)も加わっている。大舞台にふさわしい舌使いと声の出し方を教わっているのだ。

 吉高効果はこうした「話題作り」だけではなかった。

「同じ事務所にいる福山雅治さんが出演してくれました。もっと大きかったのはやはり同じ事務所のサザンオールスターズが特別出演してくれることです」(NHK関係者)

 かくして今年の大みそかは、吉高の、吉高による、皆さんのための紅白となったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故