芸能

キャイ~ン・天野ひろゆき「今は競技としてのお笑いになっている」/テリー伊藤対談(3)

テリー ウドちゃんはもちろんだけど、ずんの飯尾(和樹)さんとやすさんもそういう部分でウマが合ったのかな。

天野 どうなんですかね。4人ほぼ同期なんですよ。ウドちゃんが1年先輩で、飯尾君がその半年後に事務所に入って、その半年後が僕で、その半年後ぐらいがやすで。でも、ブレイクの時期が全然バラバラで、やすに至ってはまだブレイクしてないという(笑)。それもまた面白い状態なんですよ。

テリー 飯尾さんは今すごいもんね。

天野 そうですよ。「ブルーリボン賞 助演男優賞」受賞って。信じられないです、俺は。だから飯尾君もそういう意味では、ウドちゃんもですけど、他と比べられないというか。独自の要素があるなと思いますね。芸風が、ほんとに同じ時代を生きてきた人かなっていうぐらい懐かしさがある(笑)。

テリー おはぎとか、そういうね。

天野 おいなりさんとか(笑)。知らない間にそっとあったみたいな。

テリー おはぎって感性を問わないよね。俺は、テレビって感性を問わないものだと思ってるんですよ。

天野 どういうことですか。

テリー いや、例えば「これ今、フランスで流行っているスイーツです」とかっていうのは感性がいるんですよ。「青山で流行ってます」とかね。でも、おはぎがあるとホッとするというか。テレビって、俺はそういうのに近い気がする。

天野 なるほど。僕、今日はテリーさんとテレビの話がしたかったんですけど。今、テレビって「あれはダメ、これもダメ」っていうのが増えてて、そういうことに対してテリーさんは「窮屈だな」と思ったりしないんですか。

テリー 思わないです。

天野 あ、思わないんだ。やっぱり僕の好きな先輩方はあんまりそう言わないんですよ。それは自分たちのやることが変わらないからですか。

テリー いや、テレビは時代と共に生きてるじゃないですか。だから、これが今なんだと思うんです。

天野 じゃあ、「名門パープリン大学日本校」(編集部注:キャイ〜ンが出演し、テリーが演出したテレビ東京の番組)の時は、それをやれたのがテレビだし。

テリー そうそう。

天野 「時代の鏡」っていうのは、まさにそういうことですか。「今はこの窮屈の中で生きてるのがテレビだ」と。

テリー その中で楽しんでるんです、みんな。

天野 「お前こんな狭いところに行くの?」みたいなのを楽しむと。

テリー 楽しんでるでしょう?

天野 確かにお題を出せれたみたいな感じはあるかもしれないです。「この狭い中で何がやれるんだ?」って言われながらやってる。

テリー やってるよね。今、特にお笑いの人たちって話術が達者だから。お笑いIQとかお笑いの身体能力は昔の10倍ぐらい高いよね。

天野 競技としてのお笑いみたいな感じの感覚になってますよね。(M-1グランプリは)4分でどれぐらい笑いを入れるとか。

テリー すごいよね、そういう身体能力が。でも、そればかりだと飽きるでしょう。

天野 おはぎが食べたくなる。

テリー と思うんだよね。令和生まれの人たちがもっと増えてくると、また考え方が変わってくるだろうし。おはぎが主流になってくるかもしれない。

天野 おはぎブーム来ます? そう言えば、キャイ〜ンのポーズなんかは、ポーズを知らない世代が珍しがってるような感じになってるんですよ。今の子たちが昭和を面白がるというか、そんな流れはあんまり予想できなかったですけど、そういう感覚の子がまた増えてくることはあるのかもしれないですね。

ゲスト:キャイ~ン・天野ひろゆき(あまの・ひろゆき)1970年、愛知県生まれ。1991年、事務所の先輩だったウド鈴木と「キャイ~ン」結成。多くのバラエティー番組で活躍。「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)の企画で、南原清隆、ビビアン・スーと共に音楽ユニット「ブラックビスケッツ」を結成し、「STAMINA」や「Timing」などのヒット曲でNHK紅白歌合戦にも出場。現在のレギュラー番組は「うまいッ!」(NHK総合)、「プレミアの巣窟」(フジテレビ系)、「スイッチ!」(東海テレビ、木曜日コメンテーター)、「あまドラ~天野っちのドライブしよう!!~」(テレビ愛知)ほか。4月25日、キャイ~ンとずんの共著「作文集~ほぼ同じで、ぜんぜん違う」(小社刊)発売。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」