スポーツ

サッカー日本代表の「お金の話」スパイクメーカーから高級時計と高額接待の大攻勢

 プロスポーツ選手に大金はつきものだが、生臭い話とあって、大っぴらにする選手は少ない。しかし、現役を引退してしまえば口が軽くなるようで、元日本代表の城彰二氏は自身のYouTubeチャンネルで、スパイクメーカーとの契約と、そこに至るまでの大攻勢をぶっちゃけている。

 スパイクメーカーとの関係は、高校生の時にすでにあったという。

「各社うまいんだよ。高校時代からアプローチしてくる。スパイクをくれたりするの。高校時代ってお金がないので、スパイクをもらえて喜んじゃって。それで『もしプロになった時は、ぜひうちのメーカー履いてね』みたいな感じで、先にツバをつけてくる」

 城氏は鹿児島実業高校を卒業してすぐに、Jリーグのジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に入団。プーマと契約したがお金は発生せず、代わりにスパイクや普段の靴、普段の服などを提供してもらったという。

 1年目から大活躍した城氏はプーマとのトラブルもあって、接待攻勢を仕掛けられた。

「あんなに活躍すると思ってなかったからなのか、シーズンが終わった時、プーマの上層部の方に銀座の『久兵衛』に連れていってもらった。腹いっぱい食べろって言われて、超食べた。多分20万ぐらいになったんじゃないかな」

 接待の後はプレゼント攻勢が続き、

「その帰りに本社に寄ろうって言ってくれて、花束をもらって歓迎されて。部屋に行ったらIWCの時計がズラッと置いてあって『好きなの持っていって』って。これいいですね、って手にしたら値札が付いていて150万円。こんなのもらえません、って50万円のにした」

 その後、城氏はプーマからアシックスにスパイクを変える。この時の契約料は、

「1本。億ではないけど、1本と言ったらわかるでしょ」

 W杯フランス大会の前には、ナイキにチェンジ。

「ナイキさんから食事に誘われて、その時にぜひ契約していただきたいと、お話をいただいた。契約金が書かれた紙を見せてくれて、アシックスは1本なんだけど、ナイキは7本。これまでの7倍」

 さらにナイキは細かなオプションがついていて、同社の商品ならゴルフ用品でもスニーカーでも何でも、タダで提供してもらえた。

 チームからの年俸のほかに、多額のお金。もらいすぎだと感じた城氏は、

「施設の人たちとか、病院とか子供たちに還元した。試合のチケットを買って『城シート』として招待した」

 社会貢献に使ったというのである。

 今は事情が違っているかもしれない、とした城氏だが、年俸のほかに年7000万円ももらえるとは、サッカー選手がうらやましい。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し