スポーツ

古巣DeNAが日本球界復帰の筒香嘉智に手を出さないのは「致命的な欠陥」が暴露されたから

 サンフランシスコ・ジャイアンツ2AからFAとなり、日本球界復帰が決定的な筒香嘉智の古巣DeNA復帰が、暗礁に乗り上げている。在京スポーツ紙遊軍記者が説明する。

「これまでならDeNAが真っ先に手を上げていたはず。筒香がDeNA時代に付けていた背番号25を、ずっと空き番にしていましたしね。ところが今季は開幕から首位を走るなど好調なスタートを切ったこともあり、筒香待望論は沈静化の一途をたどっています」

 開幕3カードを消化した時点で、総本塁打数こそ少ないが、チーム打率は12球団No.1の2割5分7厘。ドラフト1位ルーキーの度会隆輝も今後の成長に期待できるとあって、今のところ打線強化は喫緊のテーマではない。

 それでも、かつてのDeNA時代のような活躍をすればいいが、メジャーリーグに在籍したことで、致命的な欠点が暴露された。長年、メジャーリーグを取材しているスポーツライターは、

「筒香は変化球にはうまく対応できるが、とにかくスピードボールはからっきし打てなかった。あれではメジャーでは通用しない」

 最近の日本球界では、パワーボール投手が全盛期を迎えている。速球が打てないという欠陥を抱えた筒香が、以前のような打撃ができる保証はない。前出の遊軍記者も、

「もはや昔の名前で勝負はできない。対応に苦労すると思います」

 と不安を口にする。

 現段階では、阿部慎之助監督が獲得に興味を示す巨人入りが有力視されているが、それもこれも古巣がいまひとつ本気ではないからだ。

 ただ、筒香の古巣復帰を待ち望むDeNAファンの声は日増しに大きくなっている。そう考えれば、営業的なメリットはあるのだが…。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった