スポーツ

水原一平「服役後は日本に強制送還」30億円以上の弁済義務で「生活保護」へ

 ドジャース・大谷翔平の元通訳で、違法賭博に手を染めて起訴された水原一平被告が5月15日、初めてロサンゼルスの裁判所に出廷すると、大混乱に陥った。裁判所の出入口には報道カメラマンやレポーターが大集結したが、水原被告はそれをかきわけて手で制すようにして、質問には一切答えなかった。現地ジャーナリストが言う。

「顔を晒してマスコミにも囲まれるのはアメリカ流です。ただ水原被告は、なぜか堂々としたたたずまいで、顔はふっくらしていました。まだ罪の大きさをわかっていないのか、申し訳なさを出す様子を見せず、世間を騒がせ大谷に迷惑をかけたにもかかわらず、公に謝罪することもなかった。驚きの声が上がりましたね」

 水原被告には賭博による借金返済のため、大谷の口座から約1700万ドル(約25億7000円)を不正に盗み、大谷本人を装って銀行との電話でやり取りする銀行詐欺容疑が持たれている。

「量刑は7年から8年になるでしょう。返済額は罰金と追徴課税、大谷への支払いとその利息を入れて、計約30億円以上を背負うことになります。服役後は国外退去、日本に強制送還されることが濃厚です。その場合は一般的な生活は困難で、生活保護を受ける可能性があるとみられています。つまり、我々の税金で水原被告を養っていかないといけない、ということになりそうです」(スポーツ紙デスク)

 次回審理は6月4日に開かれ、検察側と合意した司法取引に沿って、罪を認める答弁を行う予定となっている。取り返しがつかない大罪を犯したことを、もっと自覚してもらいたいものである。

(渡辺優)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話