芸能

巨人・二岡智宏&山本モナ「9800円のお泊まり不倫」に王貞治が珍苦言/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」

 懲りないというのか、どっちもどっちというのか…。巨人・二岡智宏内野手とタレントの山本モナの不倫騒動が発覚したのは、2008年夏のことだ。山本はその2年前、妻子ある民主党議員との「路チュー写真」で「NEWS23」(TBS系)を出演5日目にして降板。その後、ビートたけし率いる「オフィス北野」に所属した。

 スイカのかぶりもので「お笑いウルトラクイズ」で復帰し、騒動から1年9カ月後、ようやく情報番組「サキヨミ」(フジテレビ系)で安藤優子、滝川クリステルの「後任」としてキャスター復帰を果たすことになる。

 ところが初日の生放送後、祝杯をあげたい気分になったのか、女性スタッフとともに、新宿2丁目にある飲食店へ。店では既にオリエンタルラジオの藤森慎吾ら若手芸人が盛り上がる中、現れたのが巨人軍随一のモテ男、二岡だったのだ。スポーツ紙デスクの話。

「当日の模様を詳細に報じた『女性セブン』によれば、2人は朝4時半過ぎまで店で盛り上がった後、タクシーで五反田のホテル街へと移動。車を降りると『お泊まり9800円』の部屋へと消えたのだとか。二岡には2005年に結婚した妻との間に生まれたばかりの長男がおり、山本もようやく謹慎が明け、念願だった情報番組への復帰を果たしたタイミングですからね。この不倫報道には芸能界だけでなく、野球界にも大きな衝撃が走りました」

 山本は「サキヨミ」出演を自粛。二岡は「厳重注意」となったものの、丸坊主姿で臨んだ7月13日のヤクルト2軍戦では、ホテル不倫をネタにしたヤジが観客席から飛ぶ。

「お~い、二岡~、どうせなら下の毛も坊主にしてこいや~」

「モナ岡~。五反田の9800円ラブホ、俺にも紹介してくれ~」

 そして2日後には1軍登録が取り消されることなった。その後、日本ハムにトレードされたことは、プロ野球ファンなら周知の通りだ。前出のスポーツ紙デスクが振り返る。

「二岡にとっては、火遊びがバレたこともさることながら、山本が報道各社に送った『二岡さんに何度もホテルで飲み直そうといわれ、お断りしましたが、路上で揉めるのも目立つと思いやむなく入りました』というFAXで、騒動の責任を全て負わされたことが相当、ショックだったようです。ただ、悲しいかな、酒に酔っていて詳細をきちんと憶えていないこともあり、結局どちらが誘ったのか、真相は薮の中となってしまいました」

 さらには、巨人の滝鼻卓雄オーナーらと読売新聞販売店の会合に出席していた渡辺恒雄氏(読売新聞主筆)がこの問題に触れ、

「君らだってやってんだろ。同じようなもんじゃねえか」

 と報道陣に対して吐き捨てたことで、この「大問題発言」が新たな波紋を広げることに。

 当時、ソフトバンク監督だった王貞治氏が、日本ハム戦のため札幌遠征へと移動中、羽田空港で二岡の不倫報道を伝える新聞を眺めながら、同行した記者に、

「(プロ野球選手が)9800円のところに行くのは、いかんわな」

 と苦言を呈したという。芸能界、スポーツ界を巻き込む大騒動だったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】