芸能

井上真央 女優としてだけでなく“カラダ”も大人の女性へ成長(2)バストの成長とどSキャラ

20150122g

 今後のドラマ展開も気になるが、実は、他にも注目されていることがあった。芸能評論家の織田祐二氏はこう語る。

「井上さんの“大人の女性への変化”です。11年に紅白歌合戦で紅組司会をした時、前かがみになった瞬間、ドレスから谷間が見えた。その翌年に主演したドラマ『トッカン─特別国税調査官─』(日本テレビ系)では、ピチピチのTシャツ姿で推定Dカップのお椀形の胸が大暴れ。年々、成長しているので、そこも見どころです」

 そんな井上の色香が発揮されたのは、09年に主演した映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」(東宝)のみ。学生同士の恋愛を描いた作品では、共演の岡田将生(25)と月を見に高校の弓道場に行くと、

「したい」

 と突然言われ、強引に唇を奪われてしまう。一度、顔を離すと、井上は上目使いで視線を合わせる。そこで性欲のスイッチが入ったのか、今度は井上から岡田の首元に手を回し、強引に唇を重ねる。

 舌が絡まる最中、井上が吐息を漏らす。そのまま弓道場の床に寝転び、岡田が首筋に舌をはわせると、井上は眉間をギュッと寄せて恍惚の表情を浮かべるのだった──。

「井上の肉厚で柔らかそうな唇にテンションが上がったのか、岡田の貪るようなキスに驚きました。美白の肌が魅力なのに、脱がなかったのは残念です」(織田氏)

 それも所属事務所の過保護さゆえだという。三杉氏は言う。

「野外ロケの休憩中に、井上の横を自転車や人が通ると、安全な距離間でもマネジャーが両手を広げ、身を挺して守るそうです」

 タレントをかわいがりすぎるがゆえに、濡れ場作品も断っているのか‥‥。過去には、大河ドラマ「八重の桜」で西島秀俊(43)の上半身裸が話題になったように、井上の一肌脱いだ芝居にも期待が持たれる。

 一方、プライベートでは、イタズラ好きの「ドSキャラ」として知られている。

 14年3月19日に放送されたバラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では、メイク担当者の子供に自分のことは「姫」、マネジャーは「カバ」と呼ばせたり、山口達也(43)の手を握る振りをして痛いツボを押して、小悪魔の笑みを見せたことも。地方ロケには焼酎を家から持ち込むほどの酒好きで、酔うとSっ気に拍車がかかるという。

「先輩俳優を怒らせる発言をして、その反応をつまみに飲んでいます」(三杉氏)

 幕末で奮闘するドSキャラの「エロ燃ゆ」なら、視聴率アップは確実だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
3
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?
4
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
5
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!