芸能

BTS騒然!兵役終了JINの「ハグ会」に現れた「3人の掟破りファン」大暴走

兵役を終えたばかりのBTSのジン(JIN)が「ハグイベント」を行い、参加したファンのうち3人がルール違反をしたとして、物議を醸している。

 ひとりは、ハグした瞬間にジンの首にキスをした女性。他のBTSファンが韓国の警察に告発文を提出し、受理されたとの報道があった。恥ずかしいことに、加害者の服装や顔から特定して、BTS周辺でよく見かける日本人だという。

 もうひとりは、昔のプロデューサー風にパジャマを肩から羽織った女性。こちらはジンの頬に自分の頬を寄せて、キスをする、あるいは何かを囁やこうとする姿勢をとり、口をジンの頬に近づけた。

 3人目はハグする瞬間に「アタック」を仕掛けた。まるでラグビー選手のタックルのようなガッつき具合で、ジンは後ろによろけてしまった。その瞬間、会場のざわつきは半端なかったと、このハグ会に参加したファンが言う。

「こういうアイドルとファンの交流会って、『はがし』というスタッフがそばにいるじゃないですか。過剰行動をとろうとするファンをサッと引き剥がす役割ですけど、今回はその機能があまり働いていませんでした。問題の女性がキスした時も、本来なら背後からその女性を引っ張って引き離す。ジンの首に手を回した瞬間、首根っこをつかんで退場させる勢いですね。でも今回はセキュリティーが甘かった気がします」

 最初のひとりでその機能が働いていれば、2番目の女性、さらには3番目の女性も出なかったのでは、というのだ。このファンが続ける。

「ただ、BTSはこれまで接触スタイルの特典会をあまりしてなかったので、スタッフが慣れてなかったのでは。日本の男性地下アイドル系の接触特典会では抱きつく女性がたくさんいて、はがしは厳しいですよ。『退場!』で一気に引き剥がされ、以降は出禁になります」

 アイドルを数多く取材するエンタメライターが語る。

「今回の当選者数は1000人。そりゃあ、変な人は混ざっていますよね。なにせ一生に一度かもしれないこと、もう二度とこうして接触などできないかもしれないわけで、罰せられてもやったもん勝ち的な…。ただ、それを機にイベントが行われなくなれば、多くのファンに迷惑をかけるし、メンバーも嫌な気持ちになりますね。メンバーには迷惑をかけたくない、これが本物のファン心理です。多くのファンは、決められたルールに従っていたわけですから」

 次に兵役から出てくるメンバーはJ-HOPE。また何かイベントは開催されるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】