スポーツ

ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」

 とんだトバッチリか、それとも転ばぬ先の杖か。

 ドジャース・山本由伸の右肩腱板損傷による負傷者リスト入りで、ロッテ・佐々木朗希の獲得から撤退する球団が今後、続出しそうだ。

 山本は韓国で行われたパドレスとの開幕戦シリーズでは打ち込まれたものの、その後はカブスの今永昇太ほどではないにせよ、まずまずの成績を残している。メジャーリーグを取材するスポーツライターが言う。

「メジャー1年目であり、ここまで14試合に先発して6勝2敗、防御率2.92は合格点でしょう」

 だが6月16日のロイヤルス戦で突然、右腕に故障が発生し、交代を余儀なくされた。しかも、決して軽傷ではないというのだ。

「MRI検査の結果が出ていないので、山本がどれほど重傷かは現段階では分かりませんが、ロバーツ監督によれば、前半戦はほぼ絶望なのだと。現段階では手術の予定はないものの、もしメスを入れることになれば、今季中の復帰は無理でしょうね」(前出・スポーツライター)

 これまでの勤続疲労もあるだろうが、日本では大きな故障がなかった山本でも過酷な移動、使用球やマウンドの硬さの違いが、故障発生の遠因になった可能性がある。

 これが佐々木の評価にも波及しつつあるのだ。メジャー関係者の間では「潜在能力では大谷翔平や山本を上回る」との評価がある佐々木については、1年間を通じてマウンドに立ち続けるには不安要素がありすぎる、と。スポーツ紙遊軍記者もこれに頷く。

「右上肢のコンディション不良で、今季2回目となる出場選手登録の抹消となりました。佐々木は入団1年目から大事に使われてきたわけですが、結局はこんな状態。とても中4日、中5日で回るメジャーの先発投手が務まるとは思えませんね」

 佐々木本人は今オフに再び、球団に対してポスティングによるメジャー移籍を志願するつもりだ。強行突破も辞さないようだが、それは獲得する意思がある球団あってのこと。年齢的に考えれば、山本がドジャースと結んだ12年総額3億2500万ドル(当時のレートで約463億円)を目安にするだろうが、メジャー関係者からは「パンクする可能性がある投手に積極的に手を出すのは、あまりにリスクがありすぎる」との声が漏れ始めているのも仕方のないことなのだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】