芸能

これが内情だ!昼のバラエティー番組「ぽかぽか」が低視聴率のままでも続いているのはなぜか

 フジテレビ昼のバラエティー番組「ぽかぽか」が、現在も続いている。…と言うと語弊があるが、当初は「打ち切り」の噂が絶えず、ネットニュースではまことしやかな終了報道が相次いだ。だが今となれば、それは単なる憶測だったのかというほどに、日本の昼を盛り上げているのだ。いったい何があったのか。

「当初は、かつてこの枠で『バイキングMORE』を担当していた坂上忍が復活するプランが浮上している、といった話が出ました。あるいは、もともと吉本興業が自社の芸人をMCにねじ込もうと打診したものの、フジテレビが断ったというエピソードなど、今となっては真偽不明の報道もありましたね。ただ、今や吉本勢としてガレッジセール・ゴリ、ブラックマヨネーズ小杉竜一、横澤夏子といった面々を曜日レギュラーに送り込んでいることから、フジテレビと吉本の関係が悪化した、とみる向きは少ないですね」(芸能記者)

 では「ぽかぽか」の視聴率は今、上向いているのだろうか。

「いや、それが特に上昇傾向にあるわけではありません。世帯視聴率でいうと1%台後半から2%台前半、個人全体だと1%ほど。世帯で2.4%、個人で1.2%に到達する日もありますから、以前と比べると微増といったところです。ただ、屈辱的だった民放最下位からは脱したようです。現在はテレビ東京系の『昼めし旅~あなたのご飯見せてください』を逆転しました。こちらはほぼ毎日、世帯1.5~1.7%、個人0.8~0.9%を行ったり来たりしています」(放送関係者)

 つまり、はっきり言ってしまえば、状況はほとんどスタート当初から変わらない。であれば、9カ月で終了した前番組「ポップUP!」の処遇は何だったのか、ということになる。

「『ぽかぽか』のほぼ1時間以上は、ゲストに対する勝手なイメージを直撃する質問コーナー『ぽいぽいトーク』で占められています。開始時に比べてどんどん長尺になっており、しかもかつてのような、MCが当てずっぽうに聞いていくスタイルは撤廃。かっちりとした台本があり、それに従って進行しています。それだけ力を入れるようになったということは、スタッフがハラを決めて作っている、もしくはこのコーナーの数字の落ち込みがないと踏んだのでしょう。ネットニュースになることはしばしばで、業界全体の注目度は一定程度あるとみていいでしょうね」(前出・放送関係者)

 今のところ平日昼は、テレビ東京が先の「昼めし旅」、TBSが「ひるおび」、テレビ朝日が「大下容子ワイド!スクランブル」と、それぞれ視聴者の棲み分けができている。その意味でも、上層部がこの形を見限らないうちは、王道のバラエティー「ぽかぽか」がしばらく続くことは間違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」